18.05.2016 09:52 - in: イベント S

    マリア・ソーレ・アニェリとヒストリー・メーカーズ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    伯爵夫人マリア・ソーレ・アニェリとパオロ・ガリンベルティが参加し、5連続リーグ・タイトルを獲得した8人のユベントス選手は、スクデット・トロフィーをJ-ミュージアムへ運びました

    イタリア・カルチョの未来、過去、現在と共にビアンコネリの歴史的なシーズンで最も象徴的な儀式が、J-ミュージアムのトロフィー・ルームに続きました。

    現在を表すジャンルイジ・ブッフォン、ジョルジョ・キエッリーニ、レオナルド・ボヌッチ、マルティン・カセレス、シュテファン・リヒトシュタイナー、アンドレア・バルツァッリ、クラウディオ・マルキジオ、シモーネ・パドイン。そして過去、最初のクインクエンニオを獲得したチームが1930年代初期にベストで戦った時に、まだ子供であった伯爵夫人と共に現在のユーヴェ、チームの8人選手は5連続スクデット・タイトルを掲げました。

    マリア・ソーレ・アニェリと共に、ユベントス・チームを率いるキャプテン・ブッフォンがクラブの34回目のセリエAタイトルをJ-ミュージアム館長パオロ・ガリンベルティに手渡しました。

    彼女の任務にジャンルイジが加わる前、共にミュージアムを一巡しユベントス史の通路に沿って歩き、いくつかの素晴らしい思い出を過ぎさる時代を思い出し、彼女の生涯の情熱をユベントスの新しいヒーローと共有するために、クラブ最初の会長エドアルド・アニェリの娘であるマリア・ソーレは時間を取りました。

    「私はどんなユベントス・ニュースでも最新の情報のために常に朝テレビをつけます、そして理解する最初の事はいつも、ブッフォンがしたいくつかの素晴らしいセーブです。私は、迷信深過ぎるので生で試合を見る事ができません。」と、伯爵夫人はコメントしました。

    「私が少女としてユベントスの後に付いた時、それは全て私の母が私に話したストーリーに基づいており、今日の様に子供達はスタジアムへ行きませんでした。彼女は2匹の犬、黒の1匹と白の1匹を持っていました。そして彼女はチームに対する支持を示すために常にトリノの通りを散歩します。」

    しかし、81年後に伯爵夫人は、直接この瞬間を知るためにそこにいました。

    土曜日夜のチャンピオン・セレブレーションを目撃し、明日から一般公開されるユベントスの歴史の中心に金色のトロフィーがその然るべきホームで手渡され、いわゆる2つの黄金の5年間の物語は、今日絶好で終わりました。

    将来に関して?さて、J-ミュージアムにトロフィーをもう一つのトロフィーを追加し忘れられないシーズンで終えるために、ユベントスの偉大な8選手は、今週末のコッパ・イタリア決勝へ注意を向けます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK