23.03.2016 17:30 - in: セリエA S

    マロッタ「最初からスクデットが我々の狙いです」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    現在、全ての努力は国内リーグとカップ戦獲得で2冠を要求する事に向かっており、ユベントスCEOジュゼッペ・マロッタは、スクデットに勝つ事が常に今シーズン・クラブの目的であったと断言します

    ビアンコネリが今シーズンの最初の10試合で勝ち点12しか持てなかった時、前の4つのシーズンで賛美したセリエAタイトルを獲得することなくシーズンを終えるだろうと多くの人々は想像したかもしれません。

    以降の20試合で素晴らしい19勝で順位を変え、セリエA首位へ登りつめた。ユベントスCEO ジャンルカ・マロッタによると、クラブがこの動きで進む方向を変える事は可能だった事に疑いはありませんでした。そして、優先順位は追跡するチームの前に留まるという事です。

    「スクデットは、シーズン始まりから我々の狙いでした。我々が明らかにシーズン・スタートの方法の問題は助けがありませんでした。しかし初期の停滞を克服しタイトル・レースに戻れる能力が我々にあると皆知っていました。

    トップにいる今、我々は最後までそこにいることを確認したいです。それは簡単ではないがこれを完全にサポートする非常に強いチームとクラブがあります。」

    アッレグリ監督の自由にプレーするスタッフの質だけでなく、クラブの継続した成長にとって重要な事はユベントスの階層とマッシミリアーノ・アッレグリ監督の間で並ぶこの互恵的な尊敬は、驚きもしないが、マロッタが特定するる主な要因の1つです。

    「我々の関係をとても良く働かせることは、既に成し遂げられたことに等しく満足しており、将来の目的に関しても一致しているということです。そして、今シーズンはリーグ戦とコッパ・イタリア獲得です。

    我々には競争的チームがありますし、更により高いレベルに達する方法に関してアッレグリ監督と絶えず交渉中です。
    我々はここにいて満足であり、サポートへ本当に同意した選手と共にあるビッグクラブですし、この関係を全盛にし続けたいです。」

    最後に、2つのチームの運命を定めることが求められたバイエルン・ミュンヘン戦の夜、58才はチャンピオンズ・リーグのビアンコネリの最近の敗退について触れました。

    「チャンピオンズ・リーグとセリエAの大きな違いは前者がどんな瞬間でも心から潜在的な犠牲を意味しているカップ戦ということです。そしてそれはミュンヘンで起こりました。
    一方、リーグのシーズン上に、レフェリーのどんな人為ミスに関係なく、チームの正確な値が常にトップに立ちます。
    そこにいるに値するから、我々は今首位にいます。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK