08.09.2016 09:00 - in: チーム S

    マロッタ、『満足な』夏を分析

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリCEOジュゼッペ・マロッタは、2016/17シーズンのクラブの夏の移籍と勝利の開幕を語ります

    夏の移籍ウインドウが閉じた1週間後、ユベントスのCEOジュゼッペ・マロッタは、クラブの忙しい夏、ミラレム・ピアニッチ、ダニ・アウヴェス、メディ・ベナティア、ゴンサロ・イグアイン、マルコ・プヤカ、フアン・クアドラードの6人のファーストチーム加入と、数人のビッグネーム、世界記録の金額でのマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したポール・ポグバなどとの別れについて分析した。

    Jtvとの今日の独占インタビューにおいて、マロッタは行われた大きな取引についての判断をし、過去2ヶ月間の明るいスタートを切ったビアンコネリの現在、今シーズンの目的達成への鍵と他の話題、Bチームをイタリアで発足することを議論しました。

    いかがこの夜の重要な引用のセレクションです。

    移籍の満足

    「我々は移動ウインドウの間での働きに満足していますし、ファビオ・パラティッチ、パベル・ネドベド、アンドレア・アニェリ会長だけでなく同僚、全てのテクニカル・スタッフ、我々の目標達成へ援助してくれた役割を果たしたスポーツ部門のメンバーに感謝したいです。

    上手くいけば、シーズンが非常に上手く行くことを意味し、1月に誰も加入させる必要はありません。
    言うなら、チームを強化し続けるのはユベントスの狙いですし、現れるチャンスをフル活用することが我々の仕事です。」

    自然な取引

    「2つの移動ウインドウが1月と夏の間にあるのが明らかです。しかし、それらの時で行われる取引は、当事者と年間を通じた選手を見ること一定のコミニュケーションの結果です。
    我々が将来の目標へ目指して努力する手段は、若く有望な才能、また本当に我々にとって等しく興味を持ってどの選手も特定するものです。

    移動金が近年非常に早く値段が上がったというのは本当ですが、これは各のクラブが今持っている増える購買力の結果です。クラブの収入は顕著な形で成長しましたし、ここで得た財産で新しい選手を得て彼らに給料を払うことで投資隣ます。」

    ヨーロッパでの目的

    「我々の目線で、チャンピオンズ・リーグは、夢の話ではなく目標です。ユベントスが大会に参加するたびに、勝ち進もうとし、最大の結果に到達する義務がありますし、勝とうとします。また本当リーグ戦、コッパ・イタリア、イタリア・スーパーカップ、にチャンピオンズ・リーグであるかどうかに関わらず目標は同じです。」

    さようなら、ポグバ、こんにちは、イグアイン

    「チーム、クラブ、サポーターに対する重要性を与えられるポグバを放出したくないと、我々は常に主張しました。しかし彼がマンチェスター・ユナイテッドで新しい冒険に乗り出すと決めたらなら彼をチームに残すことは難しく本当に不可能となったので、我々は彼が望むことを満たすことを許しました。ユベントスで選手として運命を残すか、クラブを去るか、彼ら自身の選択によると常に思っています。」

    年ごとにチームを補強し続けることが我々の仕事ですし、常にこの夏ユーヴェの前線を強化する予定でした。ちょうどその移籍目標の1つはイグアインでした。ポグバの移籍の用意が整い、イグアインを加入させたという事実は、偶然の一致です。」

    ヴィツェルとマテュイディとの交渉

    「ヴィツェルの場合、我々から提案された移動前にメディカルチェックを行う許可を与えられるまで、ゼニト・サンクトペテルブルクと交渉することができました。しかし、その後、ゼニトがヴィツェルの代わりに契約を交わすことができず、この取引を完了することができませんでした。

    しかし、今のところ延期されていますが、アクセルと契約が無くなったわけではく、注目に値するフットボールの資質を持っているように、数ヶ月の後、我々とプレーする意欲を彼は表明しています。」

    「同様に、マテュイディはユベントス加入の関心を示しましたし、最初のミーティングをPSGで始めました。しかし彼はPSGの選手で、彼らはマテュイディを離さない決心を明確にしました。」

    リヒトシュタイナーは、UCLのリストから離れました

    「右サイドにフアン・クアドラードとダニ・アウヴェスがいるという点で、シンプルに技術的な理由チャンピオンズ・リーグのチームからリヒトシュタイナーを外しました。

    クラブは、いくつかの理由でシュテファンを残しませんでした。しかし我々は彼がビアンコネリで行なったことに強く感謝していますし、彼が今シーズン我々に好影響を与えると十分気がついています。」

    クラウディオの復帰の道

    「ご存知のように、マルキジオは昨シーズン終盤でのプレー後、リハビリテーションの時期を得ています。彼が2ヶ月いないに再びピークの状態に戻ることができると予想していますし、再びプレーでき重要な活躍をすることを楽しみにしています。」

    Bチームの利益

    「フットボールの感覚でだけでなく、チャンピオンと並んで定期的にトレーニングを受け、ファーストチームで適用される方法論と同化するチャンスがあり、若い選手を育てるのにBチーム所有するというクラブの可能性は貢献します。さらにまた、監督はファースト・チームへ新しい才能を育てるために必要と感じます。

    ここまでのシーズンを要約

    「我々はシーズンここまでの戦い方に満足していますが、まだ時期尚早です。例え我々が最後の運命を方向を変わるとしても、昨シーズンの序盤を忘れないようにしましょう。
    我々がこの期間既に行なった良い仕事を続けることが、そして、単に自己の達成だけの達成だけでなく選手が集中し続けることが重要ですし、ファンの喝采へ何を与えるかです。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK