25.04.2016 16:45 - in: セリエA S

    ヒストリー・メーカーズ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    5連続スクデット・タイトルへ今シーズンの衝撃的な戦いが私達に何かを教えるならそれはチーム・ゲームであるという事です。 ユーヴェのチーム各々のメンバーへ私達の小さな感謝がここにあります。
    #1: ジャンルイジ・ブッフォン ☆

    背番号1番にとっての9度目のスクデット、そして偉大な8の最初です。

    断固とした比類のないクオリティのセーブに次ぐセーブ後の勝利、記録破りの一貫性、ロッカールームでの容赦ないリーダーシップこの他にジャンルイジ・ブッフォンについての言葉はありますか?

    考えるに。何人の選手がが4連続スクデット・タイトルへチームを率いることができ、5連続への基礎を作ることができますか?間違えなく全てで最も大きな事で、全スターウォーズ・サーガの再生時間に匹敵する時間の無失点を達成ました。

    チームメイトが彼を最も必要とした時、何人のゴールキーパーが9月の月間MVPになるためにシーズン初期のサンシーロで4月の不可欠な2-1でのミラン戦勝利でのセーブを思い浮かべる事ができるでしょうか?

    何人の選手がそのどん底でチームにとどまり、再建の柱として立ち、歴史を残すのに心配なスタートから今シーズンへ向ける正しい約束を理解できますか?

    何人の選手がが20年の期間の同じレベルのパフォーマンスを残し38歳という年齢で緩む兆候を示さなかったか?

    その上、何人の選手が芸術として理論する事ができ、どのように最高の聴衆に独特の詳細でゴールキーパーを欺くでしょうか?

    答え?ちょうど1つ。ありがとう。ジジ

    #25: ノルベルト・ムラーラ・ネト

    ノルベルト・ムラーラ・ネトは、おそらくタイトル獲得チームがフィールドのあらゆるポジションで多くの強さと深さを持たなければならないという最も著しい証明を提供します。

    出場は昨年9月の1試合に限られたがフィオレンティーナから加入したネトはコッパ・イタリア決勝へのビアンコネリの走りの頼みの綱でした。そして怪我からネトは5月にスタディオ・オリンピコで出場する場合があります。

    機敏で身体能力があるフレンドリーなブラジル人の最初のスクデット獲得だとしても驚かないで下さい。

    #34: ルビーニョ

    2012年夏にパレルモからクラブに加入してから、ルビーニョことルベンス・フェルナンド・モエディムは、4度目のスクデット獲得を果たした。そして偉大な8への入り口のカットを失います。

    彼がビアンコネリの為にトップで出場した数より多くリーグ・タイトルを獲得したユニークな気まぐれをこの最新の優勝がルビーニョに与えました。幸運をもたらすお守りです!

    #5: ジョルジョ・キエッリーニ ☆

    おそらく、ここ数ヵ月ユベントスの歴史の決定へ唯一の不利な面は、長く一人前の戦士としてディフェンスで忠誠を持ち戦ったジョルジョ・キエッリーニの不在でした。

    長年のパートナーレオナルド・ボヌッチとアンドレア・ボヌッチよりも出場は少ないが、レジェンダリーなディフェンス・トリオBBCのCとして一貫した重要な貢献します。

    3人の内の1部として、キエッリーニはまだ、試合で最も立派なディフェンスの1人と考えられていますし、以前の4つのスクデットを獲得したシーズンと比較し同様の今年の特徴は無かったがシーズン最初の5ヶ月で実際にセンターバックとしてのプレーはその地位を確実とする役に立ちました。

    他には、8月の大きなジョルジュの31回目の誕生日に対しファンの圧倒的なリアクションは至る所でビアンコネリの間で彼の人気を十分に特徴としました。

    既に2014年に傑出した300クラブのメンバーとなっており、この5年連続優勝はキエッリーニを真のユベントス・レジェンドとします。

    #15: アンドレア・バルツァッリ ☆

    4月17日日曜日のCEST15:31頃にこのアニメーションがあなたのTwitterのTLで流れるとあなたは気が付いたかもしれません。

    パレルモ戦でユベントスのアドバンテージを保つアンドレア・バルツァッリのゴール・ラインでのクリアーは今シーズンいかなる点で関連するどれよりも、ザ・ウォールの介入はチームメイトのブッフォンの様に年齢をものともしないシーズンを楽しんだという最新の証明となった。

    怪我でシーズン開幕を逃し、完璧なフィットネスでのバルツァッリの復帰はセリエAでのビアンコネリの復活においてかなりの役割を果たし、スターティング11への復活直後のサン・シーロでのインテル戦の素晴らしいプレーは心を掴み、完璧に相応しい10月のMVPで報われました。

    これを考え、11月から5月までの単独で徹底的なパフォーマンスに関し、チーム名との等しく印象的なパフォーマンスがなければ、5、6回この大きな男は毎月賞を簡単に得る事ができたでしょう。

    ユベントスの復活が1月まで唸り、アンドレアがベストへ戻り、ザ・ウォールがチームの後方でキャプテン・ブッフォンとレオナルド・ボヌッチとヨーロッパの戦いで最も手強いパートナーシップを築き、連続リーグ無失点記録を進めた事は思いがけないことではありません。

    偉大な8のメンバー・ナンバー3で最も影の英雄の1人です。

    #19: レオナルド・ボヌッチ ☆

    契約更改から始まったシーズンは、レオナルド・ボヌッチにとって忙しい7月と8月の移籍期間から長年からの5度目のスクデットで終わります。トリノでのレオの滞在延長が先の夏で最も重要な動きの1つではなかったと言う事ができるじゃないでしょうか?

    例えそれがどんな道に見えても、この様な賞賛に値するこのシーズンのボヌッチのパフォーマンスを疑う事は出来ません。
    キャプテン・ビュフォンが出場しない場合キャプテン・マークをつけた背番号19番は落ち着きと集中で世界のフットボールで最も完璧なディフェンダーの1人である事を確実としまいした。

    しかし、レオが今シーズン優れていたのは、ディフェンスでの任務だけという事は当然ありません。

    それが全て、バックでプレーする上で比類ない才能を検討し、最後のカウントは他のいかなるビアンコネロはボヌッチよりも多くパスを完了しません。

    2011/12, 2012/13, 2013/14, 2014/15, 2015/16…2019/20?

    #24: ダニエレ・ルガーニ

    将来に更にユベントスの守備の遺産を広げる為に夏にエンポリ加入し、シーズンの様々ステージでディフェンス・チームメイト不在のアナを埋めダニエレ・ルガーニは春のスクデットへの戦いの最前線にパラシュートで効果させました。
    予想されてるかもしれないが、豊かで有望な若手が両手で掴んだ物は挑戦でした。

    カップ戦に限ぎり出場した2015年の後、ダニエレは、6試合の不可欠な90分、3月と4月の勝利したサッスオーロ、トリノ、エンポリ戦で、これまで間違いなくユベントスのシャツで最高のパフォーマンスを残し、ミラン、パレルモそしてラツィオとの戦いで、ユーヴェの将来を示すプレーを残した。

    ビアンコネリの勝利へ決定的に必要な冷静な頭は、今後数年間イタリアU21代表とユベントス・スタジアムで長い間きらめくでしょう。

    #4: マルティン・カセレス ☆

    ただ449分のプレー分数に限られ、今シーズン10月と2月のマルティン・カセレスに加えられた長い怪我に欠場でファンとチームの選手は同様に悲しみました。

    今年のセリエAは勝利は2012年1月、これまでの彼のキャリアを通して成功を楽しんだ注目に値する業績で、カセレスにとってビアンコネリで5番目の物となった。

    ロッカールームでの人気者、5月15日に勝利の栄光を得るマルティンの光景は誠実なユベントス・スタジアムの心を温めます。

    #26: シュテファン・リヒトシュタイナー ☆

    リヒトシュタイナーがクラブに加入ししてから毎年リーグ・タイトルを獲得し、彼の一貫性、クオリティとチームに対する重要性について話されます。

    ラインを押し上げた回数は解りません、効果的なアシストを加え、反対側で重要な守備をするためピッチ上で全力疾走し、彼が特別なプロであると理解し始めます。

    上記はシュテファン・リヒトシュタイナーの標準的なシーズンの戦いの記述です。しかし、このスクデット勝利は疲れををしらないウイングバックの為に甘いものになった鴨知れません。

    心臓手術を受けた1ヶ月後にファースト・チームに復帰し、ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦での素晴らしいゴールを挙げリヒトシュタイナーは有能さを抑えつけておく概念が無い事を確かめました。

    5年連続シーズンで重要な攻撃と防御のバランスをユベントスの右サイドで供給し、同じ位のエネルギーをスイス・エキスプレスは歴史的出来事に費やしました。
    偉大な8のメンバー・ナンバー6に敬礼。

    #33: パトリス・エヴラ

    「私は怒っています。このチームでプレーする時、常にタイトルを獲得する事が出来ると思っていなければいけません。その代わりに、私達は歴史に残すチャンスを現在捨てています。チームメイトへのメッセージ?このユニフォームを尊重しよう。」

    パトリス・エヴラ 2015年10月29日

    ピッチの中と外でのアティチュードとリスペクトがロッカールームで指令を与えます。パトリス・エヴラが2シーズンしかここに在籍していないというのを知らないでしょう。

    この2連続タイトル獲得のシーズンがパトリスにとって少しも異ならない事をイタリアの試合で自らを認めた男は、ユベントスのバックラインに昨年投入され一貫した集中と決心で今シーズン35試合出場のベテランは確実としました。

    10月のサッスオーロ戦でのエヴラの情け容赦ない正直な気持ちは、他の誰もが出来なかった方向へ、翌月のエンポリ戦で、アウェイでの重要な「パットおじさん」ヘディングで示した。

    メルシー、パトリス!

    #12: アレックス・サンドロ

    滅多にスポットライトを捜さず、夏に契約したアレックス・サンドロの優れたシーズンは、タイトル喜びとより攻撃的な選手の賞賛で中で簡単に忘れられる事はできません。

    「ユーヴェは大きなクラブで偉大な歴史があり、全ての可能なトロフィーを獲得する為に戦う必要があります。新しい選手それぞれがここに到着し、勝利のチームがどういう物かと全ての試合で勝利する事を知ります。」

    それは、アレックス・サンドロの勝利を見落としそうなトリノ戦とミラン戦の重要な勝利へ同じく南米出身のフアン・クアドラードとパウロ・ディバラへのアシスト、そして1月のウディネーゼ戦での自身の素晴らしいゴールが意味します。

    白と黒の飛ぶ鳥を落とす勢いのウイングバックのシーズンの物語はゴールに限られずアシストがあります。タックルにおいて冷静で前進は止める事が出来ず左から的確で正確にイタリアの試合に順応し、アレックス・サンドロは直にスクデットを獲得したチームの重要な一部となった。

    幸いにも、アレックス・サンドロの白と黒での最初のシーズンは正当な報酬で終わります。

    #16: フアン・クアドラード

    「GOOOOOOAAAAALLLLLLLLLLLLL!!!!!ユベントス2-1トリノ!!!!!!!美しいフアン・クアドラード!アレックス・サンドロの完璧なパスからの得点でユベントス・スタジアムを興奮へ!引き分け寸前の壮大な結果です。純粋に劇場。」

    Juventus.com 2015年10月31日

    チームで誰に聴いても、フアンのスライディングの事を教えれくれます。熱狂的なフィニッシュが勝利への進行へチャンピオンを引き立たせるシーズンを定める瞬間であり、ハロウィンの夜の勝利から決して振り返らないと彼らはおそらく話すでしょう。

    重要なダービーでの決勝点だけでもクアドラードをビアンコネリのヒーローと考えるのに十分でしたが、ウィングの魔術師はこれで終わりませんでした。

    フィオレンティーナ、ジェノアとバイエルン・ミュンヘン戦で重要なプレーが後に続き、最高のゴールが最後まで収まります。
    4月の4-0勝利を果たしたパレルモ戦でのしなやかなプレーと素晴らしいフィニッシュは純粋なクアドラードでした。

    常に彼の顔には笑顔があり、私達の背番号16がピッチで戦う時、私達にも笑顔を与えるプレーを残しました。

    あ、私達は彼がダンスが得意だと言いました?

    #8: クラウディオ・マルキジオ ☆

    2006年8月19日およそ22:10CESTに選手として出場を夢に見たクラブで最初の出場を果たしたニュー・フェイスの若者はバーリのスタディオ・サンニコラでベンチから出場しました。

    ちょうど10年未満後に、生え抜きのヒーロー、クラウディオ・マルキジオは自身の名前を5年連続スクデット・タイトルに刻み、私達の偉大な8人の最後のメンバーになります。

    20歳のプレーよりも現在もうす少し深くプレーし戦術と潜在的な知性があり、同じヴェルヴェットのファーストタッチを持ちます。ユベントスの中盤でクラウディオのペースを掴む存在はこの最新の国内優勝の基盤となった。

    シーズン初期の怪我から復帰しチームの結果が良くなり始めた事で、最もバランスのとれたビアンコネリの中盤トリオの1人としてヨーロッパの試合においてポール・ポグバとサミ・ケディラとの強力で育った事は偶然ではありません。

    ホームでのパレルモ戦で最後のホーム・ゲームとなってしまった悲しい膝の損傷は、ファン、チームメイトが至る所で感じた、ユベントスのリトル・プリンスの堂々したシーズンを損なうものではありません。

    唯一の重要なことは、マルキジオの継続した優秀さがなければまさか起こらなかったであろう妙技で達成した5度目のスクデットの白と黒のストライプで飾られたトロフィーを持ち上げるため5月15日にそこにいるという事です。

    シーズン終わりの時期にミッドフィールドの同僚シモーネ・パドインによって必要とされたようにラツィオとフィオレンティーナ戦の最終的なプッシュはクラウディオの為にありました。

    #10: ポール・ポグバ

    4連続スクデット、自己ベストのゴールとアシストを今シーズン達成し、FIFPro World XIとUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーをキング・オブ・DABチームは獲得した。
    トップへの継続した、止められない出世は、ポール・ラビーレ・ポグバにとって悪い10ヵ月ではありませんでした。

    常にフィールドの中と外で目を引く存在、新たな印象的なシーズンをユベントスのマシーンの様に書く事の出来ないギアとして、夏の有名な中盤の選手の他のチームへの移籍後にポグバが残したプレーで振り返る事が出来ます。

    言うまでもない事だが、ナンバー10がこのシーズンで出した全てが、素晴らしかったです – 様々なヘアカットを含めて – 中途半端な事はしないポールの様な選手に向けなければいけません。

    私達が数週間のゴールを今シーズン選ぶ時ポグバは間違いなくリストの上で多くを占め、常にビアンコネリのヒーローへ間違いないルートとしてトリノ戦とキエーヴォ戦での途方も無く良いゴール・トリオが直ぐに心に浮かびます。

    当然、彼のゴール以外の手本がそれ自体の彼の素晴らしいアシストとなり個人のハイライトを「ザ・オクトパス」は持っており、十二分のエンターテイメントを提供します。

    注目を集めるバスケットボールのプロフィールがあり、かなりのシーズンでした。

    #6: サミ・ケディラ

    サミ・ケディラが7月に入団会見のためにユベントス・スタジアムに座り、イタリア語で自信をもってメディアへ話をした瞬間私達が本物のプロに現れた事が明確でした。

    それがチームの新しいサポーターを捕えるのに十分でなければ、完全なデビューでの得点は間違いないでしょう。

    ちょうど夏に自由移動でレアル・マドリッドから加入してから、サミ・ケディラはユベントスでどれくらい重要な選手になったから1つのシンプルなスタッツが疑いなく示し、ビアンコネリはサミが出場すれば、リーグ戦で負け無し、18勝1分を記録しました。
    サミが出場すれば私達は勝ちます!

    真実とスタッツは、ケディラがチームに持ち込んだ物を判断する事が出来ます。
    常にポゼッションにおいて鋭く、プレーにおいて知的で挑戦において強く、ユベントス・ファンの心をケディラが掴んだ早さは思いがけない事ではありません。

    このシーズンのゴールと彼のアシストは、世界チャンピオンのフィールドの中と外で本物のスターでした。

    #27: ステファノ・ストゥラーロ

    2014/15シーズンの終盤に突然現れ、ナチュラル・ボーン・ファイターであるステファノ・ストゥラーロは、より特徴的に献身的にフルスロットルで中盤の鍵となるチーム・プレーヤーとして自身を強化しました。

    11月と12月のセリエAを通して中心的な選手となり、パレルモ戦でのリーグ初ゴールを含む、ストゥラの素晴らしい瞬間はベンチから出場したチャンピオンズ・リーグでのバイエルン・ミュンヘンとの戦いでの同点ゴールが忘れられません。

    その後、ボールに届く、手際のいいタッチと熱のこもったプレーは、ほんの数秒でステファノへ賞賛される全てを捕えました。

    これは、第2度目で最後のスクデットにはならないでしょう。

    #11: エルナネス

    「私はブルース・リプトン(細胞と精神の関係を専門に扱うアメリカ人幹細胞生物学者)のあらゆる細胞がその環境に適応すると言う本を最近読みました。
    ですから、このような勝利を得る空気では、自身の考え方が変わるのは自然な事です。もしあなたが好めば、細胞は全て白と黒になります!」

    目と脳、思慮深い選手は自分の足でボールを扱うアンデルソン・エルナネス・デ・カルヴァーリョ・アンドラーデ・リマがフィールドから離れて考え込み明敏であることは、思いもかけない事ではありません。誰も以前に細胞生学的にユベントスでプレーする事を比較する事はありませんでした…

    エルナネスがユベントス・スタジアムでのリーグ戦で前所属クラブ・インテルとの戦い2-0勝利以降、バイエルン・ミュンヘンとの2月の2-2の引き分けでシーズンで最も素晴らしいパフォーマンスを産み出しタックルにおいての決心と駆動と強さに基づきました。

    今シーズン中盤の役割を変える際、エルナネスは価値ある深さをビアンコネリのチームの精神に科学的な知恵を加えました!

    #18: マリオ・レミナ

    ディフェンスの汚れ仕事、厳しいタックル、タイムリーなインターセプト、質を持つフィニッシュ、マリオ・レミナはユベントスで白と黒の有望なシーズンの多くで明らかにしました。

    一貫した信頼できるプレーを残し中盤で交代出場し中心で優れたカバーを提供、時と共に、中心の1人になるという事を証明した。

    今シーズン2ゴールをガボン代表は記録し、最初のゴールは9月のスタディオ・サンパオロでのタップが大きなタイミングの例えです。そして2点目では素晴らしいパフォーマンスとバランスで3月のアタランタ戦を締めくくる完璧なフィニッシュとなった。

    #20: シモーネ・パドイン ☆

    ビアンコネリの背番号20について知る必要になる全てをユベントス・スタジアムでの日曜日の4-0のパレルモ戦勝利でのシモーネ・パドインの非常に上手く果たした終盤のゴールへのファンと選手の反応を同様に話さなければ行けません。

    勤勉で、控え目、あらゆる成功をしたチームのロッカールームで必要なチームメイトと選手の個性に専念する事に、シモーネより尊重され有り難いビアンコネリを見つけるのに苦労します。

    今シーズンの厳しいスタートの間、見事に負傷したチームメイトの代わりをして、前の4回の優勝と同じく32歳のユニークなポリバレント性と密接な試合は例となりました。

    右バック、アンカーマン、ボックスからボックスへのミッドフィールダー、ウイング、決勝点者… 5度のチャンピオンで疑う余地のないユベントスのヒーローです。

    #22: クワドォ・アサモア

    フィット、強さ、速さ、融通性、控え目、勤勉、どのチームでもクワドォ・アサモアがいると満足です。幸運にも、この4シーズンの間、私達は本物を持ちました。

    果てしないエネルギーと多目的なクオリティの2および3番目のスクデット勝利の鍵、このシーズンの終わりの舞台で過去2シーズンの厳しい状況からクワドォがスターティング11に戻ってきたという事は彼が最善に戻りビアンコネリ・ファンに希望を与えました。

    間違いなく次のシーズンに彼をずっと多く見る事を楽しみにしているファンは、1月のウディネーゼ戦での今シーズン最初の90分出場へ素晴らしい反応は、人当りの良いガーナ人の人気を十二分に示しました。

    #21: パウロ・ディバラ

    デビュー戦でトロフィーを確実にするゴールを14分で挙げる時、これがディバラの都市になるだろうと多分知ったでしょう。

    しかし、それは今、誠実なホームで慕われる理由は優秀な背番号21のゴールの量では無く彼の質です。

    ミラン、ラツィオ、フィオレンティーナに対するアイスクールダミー、ローマに対する本能的なノールック仕上げ、ヴェローナ、フロジノーネとサッスォーロに対してますます商標カーラーに対するインチ完璧ドライブ、地方巡業はもちろんのことに対する弾性制御および臨床ボレーウディネーゼとラツィオに対するブレース、今年のタイトルの勝利への驚異的な技術力と巨大な重要性のすべてのストライキ。

    ミラン戦でのコントロールとボレー、ラツィオ戦で完璧なドライブ、フィオレンティーナ戦での冷静なダミー、ローマ戦でのノールックフィニッシュ、ヴェローナ戦、フロジノーネ戦、サッスオーロ戦でのトレードマークのシュート、ウディネーゼとラツィオ戦での2得点と全てのゴールは驚異的な技術力と巨大な重要性があったと言うまでもありません。

    これらのゴールは、ちょうどディバラをユベントスの重要な人物にした一部です。チームメイトへアシストをしないか、自分自身でマジックを生じないまれな瞬間、ディバラは厳しくディフェンダーを追いまわし、スペースを作るためにハードに走りファイナルサードと中盤で重要な動きを残しました。

    彼はチャイニーズ・ニューイヤーの雑学を知らず、監督によりバスケットボールのプレー許可を待っているが、全てのアクション、全てのDABing、全てのエネルギーが用意されています。

    今シーズン、2度月間MVPを自身の得点で獲得し、パウロ・ディバラは現在イタリアの確実なチャンピオンです。

    #9: アルバロ・モラタ

    チャンピオンズ・リーグのゴールデン・ボーイは、アレッサンドロ・デルピエロの5連続ヨーロッパでの戦いと並ぶゴールを残しました。そして、ミュンヘンでフアン・クアドラードに驚異的なアシストを供給し、アルバロ・モラタは今シーズン忘れられないゴール、個人成績どトレードマークのドリブルを残しました。

    ホームでは、カップ戦でのキエーヴォ戦とインテル戦、セリエAでのアルバロの2ゴールは、このリーグでも最も決定的なフィニッシャーで冷静な選手だと再確認しました。

    試合で明らかな欠点はなしでライン間でターゲットマンとしても優れている事をモラタは示しました。そして彼を分け隔て少ない完璧なフォワードの1人に成長させました。

    そして私達のチャイニーズ・ニューイヤー・クイズで勝利し、ヴィノーヴォのでジュニア中黒メンバーの質問に答え、ファンとのディナーに加わるか、親友であるシモーネ・ザザと動き、アルバロはフィールドの外でも全てを示します。

    #VamosAlvaro。

    #17: マリオ・マンジュキッチ

    ユベントスの選手として表現する時、ビアンコネリに加わる事について最高の1つはユベントスと対戦する必要が無いということですとマリオ・マンジュキッチは話しました。

    8ヵ月の進行で、熾烈なクロアティア人との対戦の必要が無いことをディフェンス陣は願います。

    ナンセンスではない伝統的なスタイルはホームのファンに心を打ち、マンジュキッチの攻撃性とフィジカルの強さ、ペナルティーボックスでの才能はユーヴェの攻撃の完璧な焦点をこのシーズン作りました。そして、経験豊かなストライカーはそれの示すため多くの重要なゴールを奪いました。

    上海でものすごいヘディングでスタイリッシュに始めて、マリオはビアンコネリを秋を通して進撃させ続けるために、マンチェスター・シティ、アタランタ、エンポリ、カルピそしてフィオレンティーナとの戦いで似たようなスタイルで戦ったが彼のベストは今月のミランとの戦いです。

    ブッフォンのキックからモラタのフリック、リータンパスを受けスペースでフィニッシュを仕上げる堅実なプレーは代表的なマンジュキッチのシーズンで最も重要なゴールの1つでした。

    カップからクリスマスまで、ビッグ・マリオが1年を祝いました!

    #7: シモーネ・ザザ
    • ユベントス vs セビージャ 10分出場 1ゴール
    • パレルモ vs ユベントス 7分出場 1ゴール
    • ユベントス vs トリノ 54分出場 2ゴール
    • ユベントス vs エラス・ヴェローナ 11分出場 1ゴール
    • ユベントス vs ナポリ 32分出場 1ゴール

    シモーネ・ザザのスクデット獲得シーズンを表すちょうど1つの合う言葉があります。:爆発力です。

    フィニッシュへの爆発力、ピッチの上でのメンタルの爆発力、交代でベンチから出場し影響を与える爆発力、これまでで最も忘れられないユベントス・スタジアムの夜の1つ最初のナポリでのこり2分での衝撃的な長距離の得点への爆発力。

    ユーヴェがカルテットで攻撃する時にペース、力と情熱を供給し、有名な終盤のゴールがユベントスの素晴らしい5連続スクデットを獲得への不屈の姿勢を要約し、ザザはビアンコネリの掲示を受け加わりました。

    上記の理由とより多くの全てへ、ナポリ戦でシャウトした人に対して特別な関心、白と黒のユニフォームを着たシモーネの最初のシーズンはユベントス・スタジアムでのヒットの瞬間を文句無しに作りました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK