23.07.2016 13:17 - in: Tour - Field S

    メルボルン、PK戦に勝利

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    メルボルン・ヴィクトリーは、今年のインターナショナル・チャンピオンズ・カップ初戦をPKで勝利

    メルボルン・ヴィクトリーは、土曜日、今年のインターナショナル・チャンピオンズ・カップ初戦をPKで4-3でユベントスに勝利した。

    ちょうどハーフウェーライン前からのカルロス・ブランコ・モレノの衝撃的なゴールがビアンコネリにリードを置くも、終了7分前のジャイ・インガムの同点弾でPK戦に持ち込まれます。

    ユベントスは試合立ち上がりを良い形で入り、アルベルト・チェッリがクロスバー上に惜しいシュートを放ち、7分以内に先制点に近づいた。

    オープン・プレーから相手へ危険を作るウイング・バックのポル・リロラとアレックス・サンドロはサイドで前へ進めていたが、ユーヴェの次のチャンスはパウロ・ディバラの激しく惜しいフリーキックから生まれたが、メルボルンのキーパー、ローレンス・トーマスのネット上へ放たれた。

    この点では、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは良く優勢に戦いました。再びディバラのフリーキックが襲い、30分のダニエレ・ルガーニのシュートはポストを叩いた。相手キーパーはチェッリのシュートをブロックしつつけた。

    この維持されたビアンコネリのプレスをしのぎ、メルボルンは、前方に強く推し進め、ゴール至近距離からベサルト・ベリシャが弾丸ヘッドを放つが、ネトが素晴らしい反応でセーブした。

    スコアレスでハーフタイムに突入すると、アッレグリ監督はラインアップを8人変更し、ちょうど58分にハーフウェーラインの前のから驚きのシュートをディフェンスに交代で入ったカルロス・ブランコ・モレノが放ち、ラインを離れていたキーパーから得点を奪った。

    メルボルンのミッドフィールダー、インガムが83分にゴール隅へ正確にボールを収め同点に追いつく。ユーヴェは後半残り得点を奪うことができずPK戦へ突入した。

    ユベントスは次の火曜日にインターナショナル・チャンピオンズ・カップ2戦目をトッテナム・ホットスパーと戦い、アッレグリ監督とチームは良い収穫を望みます。20:00(AEST)(日本時間19:00)にキックオフです。

    ユベントス

    ネト (アウデーロ 65); ルガーニ (パロディ 45), マッローネ, セベリン (ブランコ・モレノ 45); リロラ, レミナ (マチェク 45), エルナネス (ヴィターレ 45), アサモア (カスタノス 45), アレックス・サンドロ (コッコロ 45); ディバラ (パドヴァン 45), チェッリ (ロセッティ 45)

    未出場控え: ロリア, デル・ファヴェッロ, ペレイラ, ピアニッチ, ベナティア

    監督: アッレグリ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK