22.10.2016 22:58 - in: マッチレポート S

    ミラン、サンシーロで勝利

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マニュエル・ロカテッリの65分のゴールで、ミランが1-0でサンシーロでユベントスに勝利

    ミランの全ての大会でのユベントスとの8連敗という対戦成績は、ホームでの土曜日のマニュエル・ロカテッリの65分のゴールによる1-0の勝利でストップした。

    ロカテッリのゴールは、セリエAの上位対決の均衡を破る興奮のゴールとなり、9試合消化後の首位ユーヴェの勝ち点21、2位ミランの勝ち点19と2点差に詰めるものとなった。

    ビアンコネリは、立ち上がり5分に3本のシュートを枠ないに放ち良いスタートを切ったが、パウロ・ディバラとアレックス・サンドロのシュートはオフサイドとジャンルイジ・ドンナルンマのグローヴに阻まれた。

    10分に、ジジ・ブッフォンもプレーを強いられます。スソからなのシュートは素晴らしい指先でのブロックで防いだ。

    両チーム、ハーフタイム前に先制点を急いだ、ミラレム・ピアニッチの36分のフリーキックはドンナルンマのファーポスト内側でネットを揺らすも、レフェリーニコラ・リツォッリがゴール判定も、レオナルド・ボヌッチがオフサイド・ポジションにいたことを線審が判断し得点は取り消された。

    前半8本のシュートがユベントスに、4本がミランにあったにもかかわらず、試合はスコアレスで折り返し、後半中盤でボールの奪い合いが多くあった。ビアンコネリは続いてシュート数(14本と4本)とポゼッション(61.7%対38.3% )で対戦相手を上回っていた。

    65分にミランはロカテッリの素晴らしいシュートでリードを奪います。ミッドフィールダーは、力強く正確にブッフォンのトップコーナーのネットを揺らした。

    ユーヴェは同点へ圧力をかけるもミランはしゅびをキープし続け、試合最後のサミ・ケディラのトップコーナーバウンドのシュートはドンナルンマがストップした。

    ビアンコネリは4日で水曜日のユベントス・スタジアムでのサンプドリア戦へ準備を始めます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK