08.04.2016 12:30 - in: セリエA S

    ミラノ対ユベントス:2クラブの物語

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ロッソネリとビアンコネリは162回目のセリエAでの対戦に向け準備し、Juventus.comは土曜日へ10ステップのガイドを提供します
    1) 背景

    7月下旬に対戦日程が発表され、どの試合に注目しましたか

    あなたの忠誠に従い、自身のローカル・ダービーと言うかもしれない、それがトリノ戦、ミラノ戦、ジェノア戦またはローマ戦でしょうか?

    もちろん、セリエAファンは、特にホーム・サポーターの前でイタリアで最高のチームとの対戦を常に楽しみます。

    しかし歴史の重要性、順位トップでの明確な国家覇権のために、両チームの国際的なファンの間で多くの事を発見するかもしれません。
    ミラン対ユベントスです。

    そして、ちょうどイタリアで最も長く行われるドラマの1つへ、Juventus.comはロッソネリとビアンコネリの対戦での10つの主要な事実を選びます。

    1903年のミラノのカンポ・デラクアベッラで最初の対戦が行われ、最新の2015年11月のトリノのユベントス・スタジアムでの対戦の間に159試合をリーグ戦を戦ってきたというストーリーがあります。

    2) 最初

    1897年(ユーヴェ)と1899年(ミラン)と互いの2年以内に創立され、それぞれ将来33回、18回のイタリア・チャンピオンとなり、2チーム最初の公式戦を待つ必要はありません。アイコンとなるサンシーロ建設される23年前、イタリア最も成功した2クラブは1903年3月22日に初めて対戦した。

    ミランのカンポ・デラクアベッラでの対戦は、現在消滅したフェデラル選手権大会の準決勝で、ユベントスがミランに創設者ルイージ・フォルラーノとウンベルトマルヴァーノのゴールで2-0で勝利した。

    この2チームの2番目の「最初」の戦いは、27年後、1930年5月のミランの新しく建設されたホームでのビアンコネリ最初のセリエAでのアウェイでの戦いです。ライムンド・オルシのゴールが開始60秒以内にあり、ユーヴェは勝利に向かうも、ジュゼッペ・トリアーニの土壇場の同点弾でこの試合は引き分けた。

    3) トップ・スコアラー

    あらゆるビッグマッチには目を引くヒーローがいますし、この対戦でも異なりません。ユベントスが挙げたゴールは辛うじてミランに対しアドバンテージがあり(223得点対210得点)、土曜日の対戦相手を脅迫するが、概して個々のチャートのトップに立つのはミランの選手です。

    ビアンコネリとロッソネリの間で2選手のトップ5、フェリチェ・ボレルとジャンピエトロ・ボニペルティがそれぞれ9回ネットを揺らし、ゴール・キング、ジョゼ・アルタフィーニの14ゴールのうち13ゴールは1958~1965年のミラン在籍時のゴールです。

    ポイントでミランの勝利は少ないということができます。

    4) 決勝点

    勝利を得るためのゴールをより多く挙げ、ゴールキーパーに対して示したのは誰?
    伝説的なものです。

    現代(1993/94シーズンから)に、どちらのチームの選手でジャンルイジ・ブッフォンよりこの対戦に勝利した人はいません。11試合に勝利し、その次にミランのフロントランナー、ジェンナーロ・ガットゥーゾが続きます。(7勝)

    面白いことに、ブッフォンもガットゥーゾも最も多く出場した人たちではありません。この名誉は、それぞれアレッサンドロ・デルピエロ(25試合)とパオロ・マルディーニ(24試合)へ捧げられます。

    5) 元所属選手

    ユーヴェとミランに所属した選手達だけから成る仮想イレブンで大きな位置を占める2、3人の名前の例えはこの対戦の名声に良い指標です。

    これを参考にして下さい:アルタフィーニ、ロベルト・バッジオ、ズラタン・イブラヒモビッチ、フィリッポ・インザーギがラインを引っ張り、エドガー・ダヴィッツ、アンドレア・ピルロが中盤を操り、ジャンルカ・ザンブロッタがサイドでヨーロッパ全域に問題を引き起こすチームがフィーチャーされます。
    監督を選ぶのも問題ではありません。ファビオ・カペッロ、カルト・アンチェロッティ、マッシミリアーノ・アッレグリから1人を選出してください。

    元所属選手といえばアレッサンドロ・マトリにどういう言葉がありますか?2012年2月25日のサンシーロで31才のストライカーの終盤の同点弾は、ビアンコネリ待望の久しぶりの30回目となったスクデット獲得で重要なものとなり、ユーヴェ・ファンの思い出として長く生きます。

    6) 思い出の人

    1997年4月6日。ミラン1-6ユベントス。特定の世代の全てのユーヴェ・ファンにとって心に残る日付。

    ヨーロッパ・チャンピオン、選ばれたスクデット勝者、2シーズン連続チャンピオンズ・リーグファイナリストとして、サンシーロでの春の夜、マルチェロ・リッピ監督のチームにとって適切な場所と時間、正しいチームのケースでした。

    18回優勝チームは、11位でという低い位置で終わったシーズンの途中、元監督のアリーゴ・サッキ監督をオスカル・タバレス監督に変わりで呼び戻し、ミランは最近の歴史でも最悪のシーズンの1つを続けた。

    結果はユーヴェの記録的なアウェイ勝利となり、どうする事もできないミランから6得点を奪った。
    黄金に変わるあらゆる白と黒のタッチで、リッピ監督のチームは試合を管理していたが、ウラジミール・ユーゴビッチとジネディーヌ・ジダンの早々のゴールでハーフタイムを迎え、その時以来順風満帆となった。

    ユーゴビッチは、リスタート後3点目を追加し、クリスティアン・ビエリの2得点、終盤のニコラ・アモルーソのゴールで締めくくり、本当に注目に値するビアンコネリのパフォーマンスがアウェイで残った。

    7) 選ばれたゴール

    この戦いがスタートしてから、サンシーロでのこれまで最高のユーヴェのゴールは 全体で選ばれる95ゴールから3の知る必要あるゴールを思い出します。
    この例では、画像がこの話題を提供します。

    1) 1971年10月:ロベルト・ベッテガの素晴らしいバックヒール

    via GIPHY

    2) 1993年4月:ロベルト・バッジョのダミー、ドライブ、フィニッシュ

    via GIPHY

    3) 2005年5月:ダビド・トレセゲのスクデットを奪うヘディング

    via GIPHY

    8) ニュー・ヒーローズ

    ユーヴェのより最近のビンテージは、この試合で自身のヒーローを生み出しました。

    続く勝者は2014年の3月と9月のサンシーロであり、このシーズンのトリノでのリターンマッチでの先制ゴールは言うまでもなく、カルロス・テベス(現在ボカ・ジュニアーズ)は、ビアンコネロにとって過去10年の「ヒーロー」の地位へ最も断固たる主張をすることができます。

    単独で1つ特に忘れられない試合に基づいて、クラウディオ・マルキジオは彼自身に説得力のある論拠があります。
    最終的に2011年10月、常に見る価値のある1ゴールは、ユベントス・スタジアムでのミラン戦で最初の勝利を徹底的に誠実なものにしたイル・プリンチピーノの最後の2ゴールです。

    新加入選手にとって、今週末の特徴にはならなそうだが、パウロ・ディバラのマジカルなタッチとフィニッシュが11月にあり、シチリア、パレルモ在籍時代から3得点目となるミラン戦のゴールとなった。

    多分土曜日はナポリ、トリノ戦でのゴールに続き、シモーネ・ザザの夜になるでしょう。背番号7は彼のキャリアで2度サンシーロのネットを揺らしています。

    9) 6連勝

    記録破りの連勝は今シーズン、ユベントスにとってちょっとした特別なものとなった。

    周知のように、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームはシーズン初期に15連勝で以前の記録レベルを引き上げたが、その期間内で注目に値するあまり知られていないミラン関連のシンボルがあります。

    11月の1-0の勝利はロッソネリのユーヴェ戦6連敗となった、この妙技はどちらのチームにとっても113年の歴史的な対戦においてこれまでに成し遂げらていないものでした。実際、ミランはホームでユーヴェとの最後の5試合で1試合だけ勝利し、15得られる勝ち点から4点を奪いました。

    7連勝、確かに悪くありません。

    10) 最後の戦い
    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK