13.06.2016 18:30 - in: 公式レポート S

    マジシャン・ミラレム

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスは、新加入ミラレム・ピアニッチから何を得るでしょうか?とりわけ、完璧なセットプレー、無類の展望と保証されたゴールとアシスト…

    ローマから5年契約で移籍を果たしたミラレム・ピアニッチは、イタリアでの戦いにおいて巨大な中盤での才能を証明されています。

    ピアニッチのメス、リヨン、そしてローマで残してきた実績の詳細、イタリアの首都で5年間で証明した十分に選手として驚くべき独創力のスタッツが現在ユベントスに止まります。

    過去3年、セリエAでピアニッチ以上にアシストを記録した選手はいません(28アシスト)、2015/16シーズンでは、ゴール数(12)、アシスト数(12)で二桁という技も記録した。ピアニッチはまた、セリエAで連続して、10回以上、チームメイトへゴール貢献を果たした唯一の選手として傑出しています。

    このミッドフィールダーはヨーロッパで最も一貫して危険なプレーメーカーの1人としての文句なしの評判でトリノに到着し、何かから何からを呼び出す固有の能力だけでなく試合を著しくシンプルに組み立てる能力を持ちます。

    セットプレーでの状況で26歳の無類の資質、印象的なフリーキックの能力は、カルピ、エンポリ、トリノ、バイヤー・レヴァークーゼン、ユベントス自身を苦しめたが、ピアニッチを単にセットプレーのスペシャリストと称するのは間違いです。柔らかいタッチと見事なレンジのパス、このミッドフィールダーはファイナルサードどの場所でも相手ディフェンスへ刻むのテクニックを持ち、5月のシーズン最後の試合ミラン戦で、ステファン・エル・シャーラウィへ素晴らしいアシストを残したのが示した。

    ピアニッチはまた、2007年に17歳でルクセンブルクのシフランジュのチームからフランスのメスに加入しデビューしプロの選手として第一歩を踏んだときに最初に注目された素晴らしいドリブルの技術を持ちます。

    2008年にブルガリアとの親善試合でボスニア代表として初出場し、恐れを知らないパフォーマンスを残した。印象的なリーグ1での初シーズンでピアニッチは、リヨン移籍を掴み、そこで約束される豊かな繁栄へのプラットフォームが与えられた。

    2009/10シーズンのチャンピオンズ・リーグ準決勝でクラブのパフォーマンスに不可欠なプレーを残し、プレーメーカーとしてヨーロッパで特に印象深かった。そしてベスト16でのレアル・マドリッド戦で残した重要な同点弾を含む5得点を記録した。

    フランスで122リーグ戦出場後、2011年8月にローマに加入し、セリエAでキャリアを続けるためピアニッチは南へ向かいました。
    首都での一番最初の日から自分自身をローマの計画の中心人物として確立すると即座にスタディオ・オリンピコでの最後のシーズン、ユーヴェとの新契約を結ぶまで、最も生産的なシーズンんを過ごしてきました。

    ゴール、そして、アシスト、ミラレムは試合ごとに納得のいくチャンスを作りセリエAのミッドフィールダーの平均0.98回に対し2.42回、55.58回対28.58回の前線へのパス、正確なスルーパス数は0.55回対0.12回、そして枠内へのシュート数は0.82数対0.32数と軒並み同時代を凌駕した。

    この上記の全てから1つ結論すると、ビアンコネリは、ピアニッチという26歳の独創力のピークに近づいている最高の攻撃的な選手の一人のサービスを確保しました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK