16.03.2016 23:51 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    キャプテン、ブッフォンの入り混じった感情

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスのキャプテン、ジャンルイジ・ブッフォンは、チャンピオンズ・リーグベスト16でのバイエルン・ミュンヘンとの4-2敗戦後、頭を上げてアリアンツ・アレーナを離れるようビアンコネリに頼んだ

    「争いから外れるという事が1つあるが、この結果とパフォーマンスを終えてホームに戻るのは全く別の1つです。」

    無理もない話ですがジャンルイジ・ブッフォンのチームのチャンピオンズ・リーグ敗退、アリアンツ・アレーナでのバイエルン・ミュンヘン戦失望を隠す事はありませんでした。しかし、それにもかかわらず、キャプテンはドイツでの印象的なパフォーマンスの後、頭を上げつづける為にチームメイトに声をかけました。

    「私は、自分達のチームを強く誇りに思います。」と、彼は続けました。
    「この試合は、私達が昨年と比較して異なるレベルでプレーしている事を明らかにしました。私達はコンスタントにチームとして進歩しており、今夜私達の目的を達成する為に大きな信頼を与えなければならず、全ては次の2年後の競争へ向かいます。」

    特にビアンコネリがトマス・ミュラーの土壇場での90分以内での同点弾の前に準々決勝進出の分があり、ブッフォンは勝利のための経験と味から敗北に決して満足していません。

    ジジのことばでは、「これは、フットボールです。」

    イタリア代表はまとめました。「もちろん私達は本当にファースト・レグのリピートなってしまい2-0で終われなかったのを失望します。本当に痛いことは試合の最後の攻撃での失点です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK