05.04.2016 16:00 - in: セリエA S

      モラタ「各試合が決勝戦」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ビアンコネリがセリエA残り7試合それぞれを最大の用心と注意で扱わなければならないと、モラタは言います

      アルバロ・モラタは、ユベントスが、残りのセリエAの各試合を決勝戦として扱い、もしナポリとローマの挑戦を乗り越える事に成功すれば、5連続スクデット・タイトルを持ち上げる事ができると思っています。

      チームも残り7リーグ戦の対戦相手を油断する危険をストライカーは警告し、滑る事がトロフィー争いに高く付く事があると現段階で指摘した。

      ヴィノーヴォのメディアセットでSkyスポーツにモラタは話しました。
      「リーグ・タイトルは、常に私達の狙いです。良いシーズン開始ではなかったが、正しい形に戻るために全力を出した訳ではありません、シーズンの終わりにトロフィーを持ち上げる事が出来なければ何も意味がありません。

      「1つついてない日がライバルを近づけるでしょう、ローマはそう遠くにいる訳ではありません。
      しかし、シンプルに自分自身だけに集中する事が出来ればタイトルを持ち上げる大きな可能性を持ちます。私達は、各試合を決勝戦と考えなければいけません。」

      次のビアンコネリの対戦予定は、サンシーロへ遠征し、ヨーロッパ・リーグ出場を目指し同都市のライバルインテルと勝ち点6点差で争っているミランとの対戦です。

      そして、土曜日の対戦はリーグ戦で過去4試合勝ちが無いチームとの対戦となるが、シニシャ・ミハイロビッチ監督のチームがユベントスに対し必要なアドバンテージを得るためにモチベーションを上げている事についてモラタは頑に話します。

      「ミランは、特にサンシーロでの対戦は常に手ごわい相手です。タフですし、特に現在彼らに勝利する事は極端に重要です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK