06.01.2016 20:01 - in: セリエA S

      新年もディバラは変わらず

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      水曜日のヴェローナ戦勝利で2016年のチームにとって最初のゴールを挙げたパウロ・ディバラはビアンコネリのセリエA8連勝を振り返ります

      年は変わったかもしれませんが、水曜日午後エラス・ヴェローナ戦の先制点となった彼の素晴らしいフリーキックがパウロ・ディバラがまだファイナルサードで決定的な選手だと証明しました。

      ゴールは、ユベントスでの最初のシーズンで優れたスタートを切ったディバラの11点目であったが、ビアンコネリのリーグ8連勝を分析しディバラはチームの努力を強調しました。

      ユベントス・スタジアムでの3-0の勝利後メディアに話しました。「今日の様に私達はつねにお互いの為に動く必要があります。早々の均衡を破ることが助けになりましたし、2点目の後シモーネが3ゴール目で試合に決着を着ける前、私対は快適に戦っていました。」

      夏にトリノにやってきてアルゼンチン代表にも選ばれたディバラはパレルモから移籍後、精神的強くなった事を認めました。

      「ここに到着して私はアプローチを変えました。そして、強いキャラクターを持つ事が全てを意味すると思いました。例えばボールロストがあれば、取り戻すために出来るだけの事を挑戦しします。

      多くの重要で経験豊かな選手が回りにいて、私は自分自身をリーダーの1人と考えません、しかし、このユニフォームを着る時には大きな責任がありますし、私はここで成熟を感じます。」

      彼の得点に話題を移し、最初にネットを揺らしたフリーキックは、昨年2月のロッソネロ戦に続き、ディバラは言います。
      「振り返って、私は、よくボールを掴んだと認めなければなりません。キーパーは、触る事が出来ませんでした。

      私達はトレーニングでこの状況を練習し、誰が最も性格か行ないます。
      私はまだ一度も勝った事がありませんでしたが、今日得点出来て嬉しいです。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK