19.07.2016 03:50 - in: Tour - Field S

    メルボルンでのランニング

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    メルボルンのレイクサイド・スタジアムで、インターナショナル・チャンピオンズ・カップの準備を朝のワークアウトで行なったビアンコネリは、地元高官の歓迎を受けました

    今朝、この夏のオーストラリア滞在でのトレーニング・ベースとなるレイクサイド・スタジアムにトレーニングの為に集合し、ビアンコネリのオーストラリアでの冒険が本格的に始まりました。

    「夏」は現在、この期間ヨーロッパで使用されている言葉であり、ここでは、気温は13度、曇りの中、現地時間9:45にマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは冬に迎えられました。

    トレーニング・ピッチに向かう前、昨シーズンのスクデットとコッパ・イタリアのトロフィーと共にユベントスはヴィクトリアのスポーツ大臣であり観光大臣のジョン・エレン氏とメルボルンのイタリア総領事マルコ・マリア・チェルボ氏によって歓迎されました。

    「我々は、メルボルンでヨーロッパで最も成功したチームの1つであるユベントスと共にあり喜んでいます。」とエレン氏はコメント。
    「インターナショナル・チャンピオンズ・カップは150カ国以上に放送され、我々は、我々の都市での開催という事実を誇りに思います。この大会は、我々をスポットライトを当てます。」

    イタリア・チャンピオンの計画としてフィットネスが最初に行なわれ、一連のインターバルの実行前に長いストレッチ・セッションを受けました。
    ボールは今日の午後使われ、ビアンコネリは2回目のセッションに向けれ行くサイド・スタジアムに戻ります。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK