14.09.2016 23:34 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    アッレグリ監督、前方へ、もっと高く

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、チャンピオンズ・リーグ、グループHでセビージャとホームで戦い期待外れであるが決して無益ではないスコアレスドローを考察します

    ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、チャンピオンズ・リーグ初日、スコアレスドローのセビージャ戦からポジティブな要素を取る事ができた。

    当然試合結果に失望はするも、トスカーナの戦術家は後日へのポイントを指摘し、プレーのバランスに関しビアンコネリは報いを受ける価値を見つけ、勝利に関してメディアに試合後話した。

    試合後のユベントス・スタジアムからアッレグリ監督の引用は以下の通りです。:

    試合の2ハーフ

    「我々はブレーク以前に前進するのに苦労したが、試合が進みかなり良くなりました。そして作ったチャンスから勝たなければいけなかった。全てで最終的なタッチを見落としていました。」

    予選はまだ進行中

    「我々が落胆してはいけないのは、楽な試合がチャンピオンズ・リーグには無いということです。
    勝ち点3を奪えなかったのは失望ですが、我々は回復しベスト16進出へは多くの時間がまだあります。」

    より良い詳細

    「私にとって、我々のボールを動かした方法はより良かったが、ディフェンスを割るパスはなかった。
    私はあまり心配していません、我々が時間内に必要なエリアで向上すると確信しています。

    フィールドのセンターを混雑させていたので、ディフェンスを動かし受け入れる人探していたのでプヤカを起用しました。
    アサモアは良く試合を読みましたし、彼がベンチから離れた時ピアニッチはボールで彼の性質を示しました。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK