12.05.2016 11:30 - in: チーム S

    パドイン「1歩リードするユーヴェ」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    シモーネ・パドインはヒーローとなったビアンコネリの歴史を歓迎し、来るべき年でのタイトル・ライバルへの警告を発します:ユーヴェはここで決して終わりません…

    右サイドバック、アンカーマン、ボックスからボックスへのミッドフィールダー、ウインガーそして現在疑う余地のないユベントス・ヒーロー。
    ビアンコネリ、5年連続タイトル全てに勝利したいわゆる「偉大な8人」の1人で、あなたは同様にファンと選手のためにシモーネ・パドインよりも一般的に人気の数字を持つ人を見つけるのは難しいでしょう。

    そして、過去の5年間、イタリア・カルチョの様相を変えるための貢献の裏に、クラブの新しいJ-メディカルで定期的な健康診断を経験し、Skyのカメラに再びユベントスのマルチプレーヤーは忘れられないシーズンを振り返りました。

    彼には確保される歴史にあり、パドインとチームメイトに残る全ては、スタイリッシュにシーズンを終えて、チームが未だ達成していない、国内連続2冠に勝利するということです。

    十分にふさわしいタイトル勝利からの全てをコメントし、現在有名な10月の1-0サッスオーロ戦敗戦から、誠実なユベントス・スタジアムとクラブのこれまでの前向きの思考法からの独特の反応、シモーネのメディア・ミーティングの重要な引用は以下の通りです:

    歴史、現在と将来

    「ユベントスであることは、特権です。2012年1月にクラブに加入を決めた時、私はトロフィーを獲得するチャンスがある事を知っていました。しかし、連続5リーグ・タイトル獲得は全く異なる事です。クラブと私の現在すべき事を理解し、私が言える全ては、この勝利は十分ふさわしいという事です。このクラブの全員が勝利を望みます。

    J-メディカルのような世界に通用する施設を自由に使え私たちはラッキーです。革新的なプロジェクトですし、完全にクラブのメンタルによる概念であると、私は思います:現在がどんなに成功していても、将来の試合と計画へ先んじるように常に見ています。」

    「十分にふさわしい」スクデット

    「厳しいシーズンでした。十分はスタートではありませでしたが、プライドをしまい、ベストを尽くす事で戻りました。

    最初の10試合でリーグ戦勝利をし12点の遅れは、より甘くこのタイトルを作りました。
    分岐点?疑う余地なくトリノ戦の土壇場の勝利です。
    10月のサッスオーロ戦敗戦後、私達は鏡の自分自身を見て、スクデットの競争相手と考えられる権利のために戦わなければならないと理解しました。その瞬間から、全てが変わりました。」

    J-スタジアムのうなり

    「先月ユベントス・スタジアムでパレルモ戦で得点した事はマジカルな瞬間でした。そして、ゴールに対する反応は私が決して忘れない何かです。
    私に見せてくれたものは、ファンの心を掴んで、チームのために全力で戦う人を常にリスペクトすると言う事でした。」

    ミランとカップ

    「決勝のミラノ戦は決してシンプルではありません。一発勝負です。
    彼らは現在、最高の状態ではありませんが、このような対戦はにブックは関係ありません。
    もう一度トロフィーを自分達のものにするには100%で戦わなければいけない事を私達はよく理解しています。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK