25.11.2016 16:59 - in: メンバー S

    パウロ・ディバラ、ジュニア・リポーターに会います!

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    パウロ・ディバラは、ヴィノーヴォで5歳から11歳のジュニア・レポーターの質問に答えます

    パウロ・ディバラとJayはユベントス・メディア・センターで5歳から11歳のジュニアメンバー20人と出会います。本当に特別な午後、J-キッズがヒーローの1人と出会うチャンスジュニア・レポーターシリーズ第3弾が行われました。

    ピッチ上の永遠のスター、ディバラは、教科書からノートパッドに持ち替えた若いビアンコネリサポーターの質問、ユーヴェの背番号21番は初ゴールからヒゲが伸びない理由まで答えました!

    始めから正しく、非常に高い興奮がありました…

    パウロが席に座るとすぐに、全国各地から訪れた幸運なジュニアレポーター達から質問が集まりました。また、マルタから初の外国からのレポーター、アレックスも訪れ、イベントに出席、ディバラに難題を送りました。

    いつ、フットボールをし始めましたか?
    何を改善したいですか?
    ロッカールームではどうしますか?

    笑と親しみやすさでディバラは子供達の熱い好奇心を満たし始めまし…

    「私達は大きなグループですし、全員とのプレーは本当に楽しい時間です。特に1人を選ぶならゴンサロ・イグアインと言えます。

    4歳からプレーしています。兄弟と一緒に家の壁にゴールを描きました。想像通り、お父さんとお母さんは嬉しくありませんでした!学校では、先生が怪我させたくなくても休み時間にフットボールをしていました。」

    そして、試合前は?パウロはキックオフ前に他の選手と同じくらい緊張しますか?

    「試合の前にスタジアムに行くためにバスに乗るとすぐに、強くに集中します。一度プレーが始まるなら、プレーが好きな事と週の間のハードワークで全てが高まっている事を思い出します。私はその時、心はシンプルになります。」

    パウロが17歳から負けた後に泣いていない事を告白し、トップにたどり着く方法でたくさんの考えを共有し、ジュニア・レポーターとサイン、ハイファイブ、もちろん伝統的なチーム写真、スタイリッシュに記者会見を終えました。

    子供達のビアンコネリ・ジャーナリストのために、ジュニア・メンバーシップはこちらから、コンテストに参加し、選手へ質問を送るチャンスがあります。J-キッズの経験がここでは終わりません…来る刺激的なイベントをこの後もお楽しみください!

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK