10.02.2016 17:00 - in: チーム S

    ペレイラ「ナポリ戦へ現実的なアプローチ」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ロベルト・ペレイラは、ビアンコネリに土曜日のナポリとのユベントス・スタジアムでの対戦へ現実的なアプローチを維持する様に主張した

    今月のナポリ、バイエルン・ミュンヘンそしてインテルとの対戦へのスケジュールは、この2月が国内とヨーロッパでの戦いで今シーズンのユベントスを上へ上げる重要性に疑いがありません。

    様々な点で、怪我からのロベルト・ペレイラの復帰はタイムリーです。3ヵ月半の間プレーする事が出来ず、スタディオ・マトゥーザで後半投入された後の2ゴール、ペレイラは日曜日の2-0でビアンコネリが勝利したフロジノーネ戦で24分の出場を果たした。

    10月25日のアタランタ戦で腿の筋肉の怪我から傍観するだけの長い期間についてコメントし、彼がチームの重要な期間直前にロッカールームへ復帰出来たことの安心んをペレイラは認めました。

    「チームメイトへ貢献をする事が出来なかった所から試合に入るのは簡単ではありませんでした。幸運にも、今チームへ復帰しています。

    フロジノーネとの試合がきちんとナポリ戦へ備えるという観点から私達にとって非常に重要だったと私は思います。私達は上手くやり、パフォーマンスは自分達の信頼で満たしました。」

    この自己信念は、ペレイラがチームに備えていると話す唯一のクオリティではありません。彼が18ヵ月以上の間貢献してきたクラブ対し、来るべき対戦へもう一度示せるよう主張した上、ペレイラには幾つかの想いがあります。

    「私達は、現実的で常に最大の信念を示す選手がいる謙遜しているグループです。

    常に勝利を目指すハートとマインドでシーズン初期よりも、強い反抗心で試合へアプローチしています。

    今週土曜日に、私はユベントス・スタジアムで素晴らしい光景を予想します。
    プレーの展望から更に刺激的で、上手くいけば勝ち点3を奪う事が出来ます。それが私達の目的です。」

    週末予想し、2月23日にバイエルン・ミュンヘンとの対戦を迎える時、待ち遠しいヨーロッパでの戦いへペレイラは2、3の考えを提供した。

    「彼らは、優れたフットボールをするトップ・チームです。私達は可能な限りの最高の形で試合に向かう事へ集中します。」

    この言葉で、ペレイラの注意は、トレーニング・グラウンドでの準備と一月のフットボールへ戻ります。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK