19.11.2016 22:55 - in: マッチレポート S

    ユベントス・スタジアムでペスカーラに勝利

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    サミ・ケディラ、マリオ・マンジュキッチ、エルナネスのゴールで、ユベントス・スタジアムでペスカーラに3-0で勝利した

    サミ・ケディラとマリオ・マンジュキッチのゴールとアシスト、エルナネスのロングシュートで土曜日よる、問題なくセリエA再戦を行い、ユベントスは、ユベントス・スタジアムでペスカーラに対し3-0の快適な勝利を挙げた。

    試合の序盤の戦いではチャンスが抑えられており、ビアンコネリはケディラの正確なフィニッシュとマンジュキッチの近距離のタップインでハーフタイム両サイドから加速しました。

    追い詰められているペスカーラにエルナネスが終盤追加点を距類のあるシュートで収め、終盤マンジュキッチと交代して投入されたモイーズ・キーンが2000年以降に生まれたファーストチームの選手としてイタリアのトップ・ディビジョンで出場し歴史を作った。

    ビアンコネリは、早い段階では容易に戦うことができませんでした。マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手達は、最初の30分組織的に守備をし活発なペスカーラと対面し、この戦いからペスカーラの振るわないリーグ順位を反映してはいませんでした。

    しかし、徐々にビアンコネリは試合を管理し始め、ネトの正確なスローはケディラの右サイドにつながり、マーカーのインサイドでクロスをゴンサロ・イグアインへ送るとシュートチャンスとなったがゴールにはならなかった。

    背番号9は数秒後、17分にもチャンスがありました、アレックス・サンドロの魅力的なアシストからシュートし、ゴールキーパー、アルバノ・ビザッリから通り越すも枠を外れた。

    ホーム・ユベントスのユベントス・スタジアムでのリーグ戦22連勝を果たしており、自信を持って戦い始めエルナネスとイグアイン両者はペナルティエリア端からシュートを放った。

    勇気のあるペスカーラ守備陣がハーフタイムまで0点に抑えようとしている様子が見え始めた頃、ユーヴェはハーフタイム10分前にアドバンテージを奪います。

    インサイドの正しいポジションでボールを受け、ケディラはエリアに飛び込み、マンジュキッチとパスを交換、9月のシーズン初得点から3点目のリーグ戦ゴールとなる得点をビザッリから奪った。

    ビアンコネリは、ハーフタイム後にも続けます。イグアインがほとんどゴールと言えるロングシュートを放ちポストに直撃、右からクアドラードがクロスを放ち、マンジュキッチがシュートすることはできなかった。

    しかし、マンジュキッチは、2度目のチャンスをミスしませんでした。ケディラのゴールへのヘディングに触り攻撃の本能でゴールを示した。

    距離のある稲妻のような右足のドライブでゴールをエルナネスが挙げ、リスタート25分以内に3点差をつけた。

    勝利を確保して、完全なユベントス・デビューの時間がモイーズ・キーンにありビアンコネリにとって最も若い出場選手となりました。

    次はチャンピオンズ・リーグ、セビージャ戦です…

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK