17.02.2016 10:30 - in: スポンサー S

    フィリップス、ユベントス「オフィシャル・ライティング」に

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスとオランダのフィリップスは、2年のパートナーシップ契約を結びました

    色々な意味で、フィリップスはユベントス・スタジアムを「照らす」用意が整っています。

    理由?トリノ拠点のクラブとオランダの証明という分野をリードする巨人は、2016/2017シーズンの終わりまで2年のパートナーシップ契約を結びました。

    ユベントスのオフィシャル・ライティング・プロバイダーとなったフィリップスとの多面的合意は、クラブの様々PRプラットフォーム間での視界権の恩恵を受けながらユベントス・スタジアムの内部を革新する計画をしっかり示しています。

    例えば、来たるべきシーズンから、現在クラブのホスピタリティ・ゾーンの照明システムが既にユベントス・ホームのマジカルなマッチデーの経験に関わるため、スタジアムに拡大し広がる準備が整っています。

    一新されるものはファンにとって著しい視覚効果を持つだけでなく、エネルギー効率も改善し、将来シンプルな構造でのメンテナンスを確実にします。

    ジョルジョ・リッチ、グローバル・パートナーシップ長と企業収益の言葉です。「フィリップスとの提携は、国際的な地位の草分けとなるパートナーをフォローするユベントスの能力を確かめます。」

    我々は、フットボール・スタジアムをはるかにより素晴らしいものに変えるイタリアの最初のクラブです」と話し、一方ユベントス・スタジアム長フランチェスコ・ジアネッロ、合意を「地震の前進」とコメントしました。

    同様に、「我々には光栄で、開拓者的なシステムがこのスポーツでの最もモダンな会場の1つユベントス・スタジアムの観客の為にフットボールを照らす事が出来るのを喜びます。」とフィリップス・ライティング、ジェネラル・マネージャー、パオロ・レクロージオ氏は結論しました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK