21.07.2016 18:30 - in: 公式レポート S

      プヤカ:ウイング・ウィザート、そして勝者

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      新加入マルコ・プヤカはゴールを提供し、トロフィーを持ち上げることへ多くの貢献をします

      クオリティと品格で溢れるユベントスの中盤を補強するための、5年契約でディナモ・ザフレブからマルコ・プヤカの移籍は非常に優秀な選手の到着となった。

      プヤカは、この夏のフランスでの欧州選手権でクロアチア代表として立派なプレーを残しヨーロッパの注目を引きました。何の疑い無く21歳の技術的なクオリティの1つのスタッツとして平均以上の1試合で3.33回のドリブル成功を記録し、ガレス・ベイルとエデン・アザールだけがこのトーナメントで上回る物となった。

      若い年齢にもかかわらず、最大の一貫性で、サイドから危険性を相手に与えるとプヤカは証明し、確実にキャリアの家庭で左右のウイングを継ぎ目無く切り替え、ロコモティヴァ・ザグレブ(2011-2014)とディナモ・ザグレブ(2014-16)、またユース年代からクロアチア代表として戦ってきました。

      決定的に、プヤカはファイナル・サードで鍵となる貢献で才能を支え、33ゴールを19アシストをクラブレベルで最後の3シーズンで記録した。

      一方ディナモで、ザグレブ生れの選手はクロアチアで2リーグ・タイトル、多くのカップの栄冠を手にし、ビアンコネリの有名な偉業と同じように連続で国内2冠を達成した。

      間違いなく、素晴らしい兆しを選手とクラブ両者が、将来へ多くの成功のマイルストーンに達することができます。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK