06.11.2016 17:12 - in: マッチレポート S

    ピアニッチとマンジュキッチ、ヴェローナでの勝利へ導きます

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    キエーヴォ・ヴェローナとのユベントスのアウェイでの2-1勝利は、ミラレム・ピアニッチとマリオ・マンジュキッチのゴールからでした

    ビアンコネリは、11月のインターナショナル・ブレークに入る直前のキエーヴォ・ヴェローナ戦を後半のマリオ・マンジュキッチとミラレム・ピアニッチのゴールで、セルジオ・ペリッシエールのPKでの失点を許すもスタディオ・ベンテゴディで2-1で勝利した。

    66分にヴェローナに同点に追いつかれ、ユーヴェは、今シーズン最初の引き分けを演じるかと、ボスニア人ミッドフィールダー、ピアニッチが素晴らしいフリーキックで得点するまで思われたが、この得点でこの試合を勝利し、セリエA12試合で勝ち点30で首位を維持した。

    ハーフタイム後の3ゴールは、非常に静かな前半から変わり試合を動かし、マンジュキッチの素晴らしい単独のゴールが活力を与えた。前半早々、ピアニッチの高く上がったパスを受け、即座にボレーシュートを放つもバーの上へ越えた。

    36分に、マンジュキッチ再びゴールに絡むプレー、アレックス・サンドロの左サイドからのクロスからのシュートも前半最高のチャンスであったが枠を外れた。そしてゴンサロ・イグアインが、ハーフタイム直前にシュートもステファノ・ソレンティーノが防いだ。

    試合には得点が必要でした。マンジュキッチが53分に前半のミスを取り戻す正確なフィニッシュで今シーズン2点目のゴールを手にした。

    しかしユベントスのリードは短い物でした。このあと、今節でセリエA600試合出場を果たしたジャンルイジ・ブッフォンは、ルーカス・カストロのシュートを素晴らしいブロックで防いだが、シュテファン・リヒトシュタイナーがペリッシエールをペナルティエリア内でファウルしてしまいPKにこれをペリッシエール自身が決め同点にした。

    追いつかれたビアンコネリ、ピアニッチがトレードマークのフリーキックで壁を越えゴール上角へボールを突き刺すと得点を挙げ、試合を同点で終わらせる気持ちは無いと表した。

    二週間後のペスカーラとのホームでの対戦に備えるためにヴィノーヴォで再編される前にマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームの多くの選手はそれぞれの国の代表として戦います。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK