12.07.2016 16:38 - in: チーム S

    ピアニッチ、6連続スクデットへ目標をセット

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ミッドフィールダーは既にタイトルへの目標を持ちます。「6連続タイトルは、壮大な偉業です。私達は歴史を書き換えたい。」

    ミラレム・ピアニッチは、ユベントスの5年間のセンセーショナルな戦いを基に貢献したいと言い、「大きな目標」に対する欲求が、この夏のローマからトリノへの移籍決定、主な理由の1つとして挙げました。

    26歳のボスニア人のミッドフィールダーは、6月にクラブに加わったが、今日初めて公式にユベントス・スタジアムでメディアを迎え、そこで白と黒のストライプで成功を求める飢えがこの記者会見の全てを通して明確であった。

    高い望み

    「チームのために、自分のためにするべき事をし、大きな目標を達成するために私はここにいます。ユベントスの様なチームは、常にどんな敵でも、どんな戦いでも打ち負かす事を望みます。6連続スクデットは、素晴らしい偉業を意味し、歴史を書き換えます。私はそこで自分たちに貢献できる事を望みます。」

    勝利の歓迎

    「私は、直ぐに家にいると感じさせる、嬉しいウェルカム・メッセージを多く受け取りました。ここは団結が強いグループで、私はチームメイトに貢献しようとしています。私達は十分、最高の個の強さがありますが、ここ数年にわたりユベントスの強さはチーム・スピリットです。」

    ピアニッチ-ピルロ

    「私は、自分達の試合が少し異なっていると思います。ピルロは、セリエAで最高のミッドフィールダーで、彼がどこでプレーしても特別なクオリティを示しました。私は、同様にプレーできる事を望みます。」

    セットプレー・スペシャリスト

    「私はリヨンでプレーしていた時のジュニーニョの様にスペシャリストと働いてきました。しかし、各選手に異なる技術があります。試合はセットプレーで時に決まりますから、私は自分のものを仕上げ、危険な物にしようとしています。」

    ローマに戻る事

    「私は、オリンピコに戻る時はハッピーでしょう。素晴らしい5年をローマで過ごし、自分にとって特別な試合になるでしょう。ローマを出るのは簡単な気分ではありませんでした、しかし、私はユベントスが自分のためのチームであると確信しています。」

    背番号5

    「昨年、私は背番号15のユニフォームを着ました、しかしここでは既に他の人が着用しています。ですので私は背番号5を着ます。私の憧れであるジネディーヌ・ジダンがこれを着ていましたから、私の先例にならうのを非常に誇りに思います。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK