11.02.2016 17:30 - in: セリエA S

      ポグバ「私達のベストへ」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      迫るナポリとの土曜日のセリエAでのビックマッチへ、ポール・ポグバはシーズン終わりでのトロフィーのみに関心があります

      ポール・ポグバと彼の現在までの最近の名手としてのパフォーマンスを形容する言葉は沢山あるが、今週末にぴったりなシンプルで最も明白な言葉は、「自身」です。

      ここ数週間でファイナルサードでの黄金のタッチを再び行ない、土曜日のナポリ戦を前に、残りのシーズンへのチームの可能性を話すために今日の午後Skyのカメラの前に座り、ポグバは驚きは無いが、雰囲気を持っていました。

      ポグバと仲間が、9月の最も低い調子のシーズン序盤でナポリと対戦したが、この5ヶ月の全く違う状況での戦いとなり、今回ビアンコネリは非常に異なるストーリーを予想します。

      最も強い言葉で、ポグバは話し始めました。「私達はベストに戻り、全く減速する意図はありません。

      厳しいスタート後、私達はチームとして一緒に座り、物の向きを変える時である事に同意した。現在解る様に、私達はそれを成功させ、トップ・フォームに戻りました。

      私達は、いつもの様に、ナポリに対し勝つためにプレーします。本当に重要な唯一の事はトップで終えるという事です。私達は今まだペースがオフです。それは私達がしていた事ではありません。私達が現在しなければならないことは、冷静さを保ち集中して、成し遂げたい物を見失わないことです。」

      2016年の変わり目でUEFAとFIFAのベスト11に選出された彼の個の才能が当然注意と称賛を引きつけているが、ポールの試合への基本的な意識は変わりません。可能な限りチームのために犠牲になり貢献することです。

      「たとえ自分自身が劣った試合をしても、チームとして上手くパフォーマンスが出来、私がピッチで何も出来なくても幸せです。」と続けました。

      「私はチームメイトを信頼していますし、フィールドでリーダーの様な気がします。個人の責任の感覚がチームへ全力を与えたいという願望を決して越えません。」

      ポグバにとって、スターの可能性をユベントスの中盤の中心で一貫して注目をひく18歳からの3シーズン半で、急速に力をつけ続けるも謙遜を持ち話します

      「ユベントスに来て、定期的に多くの重要な試合でプレーするという素晴らしい経験を積んだ時から私は選手としてとても成長しました。私が言うように、唯一の集中は良くなり、チームの為にハードワークします。改善すべき所を選ぶなら、それはヘディングでしょう!」

      言うならば、ちょうど2日後のナポリ戦へ微調整を必要としない試合の1面があります…

      「私は、2012年にナポリ戦で最初のゴールという大きな付加価値があります。ボールは私が求めた後上手く収まり、完璧な左足のシュートでコーナーへ飛ぶのを見ました。それが「ポグブーム」の始まりのシュートが、ファンへの質問をしたいです。」

      始まりといえば、ストーリーと考えについての22歳の最終的な質問として、フィールドの外での髪型に関するアーティスティックな創造に付いて尋ねられました。

      「それは、私がより若い時の大好きな漫画からの1つの影響です。私達全員が幼かった時に、皆似た様な方向で育って子供達に示すやり方だと思います。」

      認められ伝統的ににボールをマスターする事は土曜日の夜に数えられる全てです。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK