07.09.2016 10:30 - in: ほかの大会 S

      ユーヴェ・スター、予選での成功

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      サミ・ケディラのドイツ、シュテファン・リヒトシュタイナーのスイス、ミラレム・ピアニッチのボスニアは、勝利を挙げ、ビアンコネリの代表戦最終日程をまとめます

      多くのユーヴェの代表スターは、大西洋の両側でワールドカップ予選を戦い満足な数日後、ホームに戻ってきます。

      ホームの近くから始めます。ドイツ(サミ・ケディラ)、イタリア(ジャンルイジ・ブッフォン、アンドレア・バルツァッリ、レオナルド・ボヌッチ、ジョルジョ・キエッリーニとダニエレ・ルガーニ)、スイス(シュテファン・リヒトシュタイナー)、ボスニア(ミラレム・ピアニッチ)で戦ったビアンコネリ全ては、2018ロシアへそれぞれ勝利でこの旅を始めました。

      しかし、マリオ・マンジュキッチとマルコ・プヤカのクロアチアはザグレブでトルコと1-1で引き分け、勝ち点1でヴィノーヴォに戻ります。

      ケディラとチームメイトは日曜日にオスロでノルウェーと対戦。トマス・ミュラー(2ゴール)とジョシュア・キミッヒのゴールで勝利し、前回ワールドカップのチャンピオンとして存在感を示した。
      ブッフォンとチームは、その翌日ドイツに続きます。ボヌッチが復帰した試合、ハイファでイスラエルに3-1で勝利し先週のフランスとの親善試合敗北の影響はアズーリにはありませんでした。

      火曜日は間違いなくインターナショナル・ブレークで目を引く2試合となり、ピアニッチのボスニアは、エストニアと対戦し5ゴールで勝利、リヒトシュタイナーのスイスはバーゼルでユーロ2016勝者、ポルトガルを2-0で破った。

      ユーヴェのウイングバックの戦い、ダニ・アウヴェスがキャプテンを勤めたブラジルは、フアン・クアドラードのコロンビアに2-1で勝利しワールドカップ南米予選で2連勝を挙げた。セレソンは、現在首位ウルグアイに続きか地点15で2位に着け、コロンビアは、勝ち点13で4位に着けています。

      最後に、マリオ・レミナのガボンは、金曜日にスーダンに勝利、火曜日夜はリンベでカメルーンと親善試合を行なったが2-1で敗北した。

      全てのヨーロッパでの戦いの後ヴィノーヴォに水曜日戻り、遠くから戻る選手立ちは数日後に戻ります。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK