14.04.2016 19:00 - in: セリエA S

      ユベントスでの上昇を楽しむルガーニ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ここ数週間ビアンコネリ・バックラインのレギュラーとしてダニエレ・ルガーニはチームの流れる動きを楽しんでいることを認めています

      ダニエレ・ルガーニのユベントスでのセリエAデビューは現在、ずいぶん昔の事の様に思えます。12月のカルピ戦での30分を上手く戦い、21歳はマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームでこれまでより先発メンバーの重要な構成要素としてゆっくり確実に自己主張をしています。

      エンポリと共に著しいシーズンを過ごし昨年夏にクラブに加入し、最終的にアッレグリ監督に呼ばれるまでルガーニのトリノでの最初の6ヵ月はトスカーナと異なる環境でのコツを学び、輝く時間を待つ時でした。

      現在リーグ戦で4試合連続90分出場を果たし、完全に楽しんでいる上昇を経験し、イタリアで最も有望なディフェンダーの1人と考えられる理由をイタリアU21代表のルガーニは示した。

      「私はチームの走りのあらゆる場面を楽しんでいます。」ルガーニはSky Sportとの今日の午後のインタビューで話しました。「監督に選ばれる事はものすごい満足感で、私はピッチで最善を尽くす事で彼への信頼と期待を返します。

      ユベントスの様なクラブでは、カルチョ史を定期的に更新する星としての十分に最初から好影響を作る事が必要です。
      私は現在それができた様に感じますし、チームメイトの助けを借りて、更にチームに貢献します。」

      試合を進めるために、この若手選手は監督のとの強い関係が特に重要で、ルガーニはアッレグリ監督がシーズンの進行方法で支えになった事を強調しようとしています。

      「監督は多く私と話します。シーズン初期に彼は忍耐強く落ち着くままでいる様に私に話し監督は常に私に親身になってくれました。」

      ルガーニが大いに学んだと認めるユーヴェ、そしてイタリア代表のバックラインの3本柱であるアンドレア・バルツァッリ、ジョルジョ・キエッリーニとレオナルド・ボヌッチのフォームは自身の発展に関し更なる助けになると認めます。

      「彼らは3人は信じられない程のディフェンダーですし、彼らは特別で完璧なミックスです。バルツァッリの驚異的な集中、キエッリーニとボヌッチのフィジカルの強さ、強い個性と偉大な技術的な能力がプレー時のバックを構成します。」

      自身の特徴を述べる様尋ねられルガーニは答えました。
      「私は物を考え、衝動的ではない傾向があります。そしてここで限界を超える事を常に見ていて、重要な事です。」

      一方、9月のセビージャ戦でのチャンピオンズ・リーグデビューの感情を説明しました。
      「今シーズン、私の最も特別な瞬間でなければなりません。このクラブと共に大きなステージでプレーするのは夢が実現すると言う事です。」

      これまでに野心的に、そして将来を見通し、ルガーニはインタビューのまとめで、自身とチーム全員が歴史的な5連続スクデット・タイトルを記録するための挑戦で残りのセリエAの日程へ集中し続ける事の重要さを話しました。

      「残り6試合、対戦相手は止まっていません。冷静にプレーする多くの点がありますし、最後までアクセルを踏み込む必要があります。」

      「フィオレンティーナとのアウェイでの試合はより重要で私達は良い後押しをする事ができます。その前に2試合のホームゲーム(パレルモ戦、ラツィオ戦)を戦います。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK