03.03.2016 10:30 - in: コッパ・イタリア S

      サンシーロでの統計

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      最終的にコッパ・イタリア決勝に達するために、ペナルティキックでインテルに勝利したビアンコネリ、Juventus.comはミラノでの厳しい夜を分析します

      昨日の試合は3-0の逆襲にあ、ビアンコネリが無失点に抑えることが出来なかった今シーズン最初のコッパ・イタリアでの戦いとなった。
      準決勝2回戦へリードしていたユベントスの申し分のない防御の記録は、今シーズンのカップ戦3試合においてトリノ、ラツィオ、インテルとの全対戦で狙い通り枠内へのシュートは2本とていた。ロベルト・マンチーニ監督のチームが立ち上がりから思い切って戦い90分間上手くユベントスのバックへ向かい、インテル戦終了まで2本の被シュート本数は8本となった。

      インテルはこれを足がかりとした、この勇ましい反撃は、1984/85シーズンのヴェローナ戦以来の戦いとなり、その年、インテルはサンシーロでヴェローナを破るためにファーストレグの3-0をひっくり返し延長で5-4で勝利しました。
      昨晩注意の理由を上げたもう一つのスタッツは、インテルがホームでのカップ戦16試合で14勝を挙げているという事実です。

      ミラノで昨日の長時間に及ぶ忍耐を必要とする対戦を振り返り、インテルの全体的に優勢となった証拠は下のドロップダウンメニューから明らかです。:

      Match Stats — Team Stats

      Juventusv.Internazionale
      • Attack

        Goals
        JuventusComparisonInternazionale
        2
        100%
        0%
        0
        Total Shots (including blocked shots)
        JuventusComparisonInternazionale
        9
        52.9%
        47.1%
        8
        Shots On Target
        JuventusComparisonInternazionale
        6
        66.7%
        33.3%
        3
        Blocked Shots
        JuventusComparisonInternazionale
        0
        0%
        100%
        2
        Shots from outside the box
        JuventusComparisonInternazionale
        3
        42.9%
        57.1%
        4
        Shots from inside the box
        JuventusComparisonInternazionale
        6
        60%
        40%
        4
        Shot Accuracy (excluding blocked shots)
        JuventusComparisonInternazionale
        66.7%
        66.7%
        50%
        50%
      • General Play

        Possession (%)
        JuventusComparisonInternazionale
        47%
        47%
        53%
        53%
        Duels won (%)
        JuventusComparisonInternazionale
        49%
        49%
        51%
        51%
        Aerial Duels Won (%)
        JuventusComparisonInternazionale
        54.5%
        54.5%
        45.5%
        45.5%
        Interceptions
        JuventusComparisonInternazionale
        11
        35.5%
        64.5%
        20
        Offsides
        JuventusComparisonInternazionale
        8
        100%
        0%
        0
        Corners
        JuventusComparisonInternazionale
        3
        50%
        50%
        3
      • Distribution

        Total Passes
        JuventusComparisonInternazionale
        462
        47%
        53%
        522
        % of Passes Long
        JuventusComparisonInternazionale
        10.2%
        10.2%
        12.6%
        12.6%
        Passing Accuracy (%)
        JuventusComparisonInternazionale
        81.6%
        81.6%
        82.2%
        82.2%
        Passing Accuracy opp. Half (%)
        JuventusComparisonInternazionale
        72.3%
        72.32142857142857%
        77.77777777777779%
        77.8%
        Total Crosses
        JuventusComparisonInternazionale
        12
        48%
        52%
        13
        Successful Crosses (%)
        JuventusComparisonInternazionale
        16.7%
        16.7%
        7.7%
        7.7%
      • Defence & Discipline

        Tackles
        JuventusComparisonInternazionale
        17
        43.6%
        56.4%
        22
        Tackles Won (%)
        JuventusComparisonInternazionale
        58.8%
        58.8%
        63.6%
        63.6%
        Clearances
        JuventusComparisonInternazionale
        15
        45.5%
        54.5%
        18
        Fouls Conceded
        JuventusComparisonInternazionale
        12
        41.4%
        58.6%
        17
        Yellow Cards
        JuventusComparisonInternazionale
        3
        75%
        25%
        1
        Red Cards
        JuventusComparisonInternazionale
        0
        0%
        0%
        0

      この夜、鍵となる役割も演じたのは、ゴールキーパーのネトとファン・パブロ・カリーソで、PK前の両者のキースタッツとして両チームのイヴァン・ペリシッチとアルバロ・モラタの決定的な決勝点を防いだ。

      試合後に分析においてマッシミリアーノ・アッレグリ監督が述べたビアンコネリが79分まで全線で戦えなかったという証明は、初めて開始30分で1本のシュートを放つことができなかったということでした。

      インテルが主にサイドを支配し試合を運んだという事実は、ユーヴェの7本に対し32本のクロスで素早く動いたという裏付けがあり、ビアンコネリよりもわずか2.8%多くの79%広く攻撃に集中していました。これはインテルの2点目3点目のゴールを呼んだエデルとペリシッチのウイングでのマジックでした。

      Attacking Thirds

      Created with Raphaël 2.1.242.3%21.0%36.7%
      Created with Raphaël 2.1.241.7%23.8%34.5%

      50-50の戦いとタックルに関して、アッレグリ監督のチームはちょうど0.6%少しの挑戦に勝り、120分以上の戦いを通しキープした、しかし、最後に差が生じのはユーヴェの9つに対する20本のシュートを放ったインテルの圧倒的な量でした。
      面白いことに、ユーヴェは相手エリアの中でインテルの24回に対し21回ボールを扱ったが、モラタの120分のシュートまでカリーソと試すことができませんでした。

      個々のプレーに関し、フアン・クアドラードは5本のクロスと3度のゴールに結びつく可能性、シモーネ・ザザの4本のシュートと7度の空中戦の勝利、アレックス・サンドロの88回のタッチ、7度のインターセプトと4度のタックル、レオナルド・ボヌッチの7回のクリア、マリオ・レミナのアレックス・サンドロと並ぶ7回のポゼッション回復がありました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK