02.10.2016 14:34 - in: マッチレポート S

    エンポリを唖然とさせる後半のショー

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ゴンサロ・イグアインの2得点、パウロ・ディバラの今シーズンのリーグ戦初得点は、エンポリのスタディオ・カルロ・カステラーニの60分と65分の間で違いを作ります

    エンポリのスタディオ・カルロ・カステラーニの後半の5分間での3ゴールでユベントスは、日曜日午後に3-0で勝利し全ての戦いで4連勝を手にした。

    ゴンサロ・イグアイン、パウロ・ディバラの両得点者は、トスカーナで得点を挙げ、今週得点を繰り返します。ディバラは今シーズン、セリエAで初得点となった。

    火曜日夜、ザグレブでのチャンピオンズ・リーグのように、ユベントスは、意図を持って始め、開始10分以内でリードを得るチャンスを得て、おそらくリードするべきであり、エンポリ守備陣はオフサイドを仕掛け、ミラレム・ピアニッチの素晴らしいパスからのサミ・ケディラのボレーはクロスバーを越えた。

    ユベントスの優勢、明確な得点機会は、ハーフタイム10分前まで残ります。前半を通して印象的なプレーを残したピアニッチが、2度右サイドのフアン・クアドラードへ得点機を演出するも、スコルプスキーから得点を奪うことができなかった。

    ハーフタイム前に、クアドラードは、ボックス内6ヤードでイグアインのチップから再びボレーシュートで得点に近づくもクロスバーを超えるシュートとなった。

    後半が始まり、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、試合をコントロールしエンポリのバックラインに攻撃の圧をかけ続け、同じ様な流れで戦った。しかし今回は、ユーヴェは、優位性をカウント、イグアインの至近距離でのシュートをポールが防いだ後、65分にディバラのシュートがスコルプスキーから得点を奪いリードを導いた。

    ディバラのストライカー・パートナーは、2分後にスコアシートに名前を刻みます。左足でゴール隅へ20ヤードからネットを揺らすと、今シーズン6ゴール目を記録した。

    瞬きの瞬間、試合は決まります。イグアインが、相手ディフェンダーのミスを利用し、スコルプスキーをかわし、空のゴールのネットを揺らし、ビアンコネリのスリリングで豊かな5分を3ゴールで締めくくりました。

    アッレグリ監督のチームは、終盤4点目を加える可能性もありました、試合終了の笛の前にベンチからスタートしたマルコ・プヤカのユベントスでの最初のゴールへ注目のプレーがあったが、ホームゴールキーパーがダイビングでセーブした。

    結果、ユベントスは、インターナショナル・ブレークに勝利で入り、十二分に満足な7日を締めくくった。次に10月16日ユベントス・スタジアムでウディネーゼと戦います。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK