02.03.2016 05:14 - in: コッパ・イタリア S

    7つのサンシーロでのカップ戦勝利

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリは、水曜日の対戦相手インテルのホームでのコッパ・イタリア7回の勝利を収めました。 Juventus.comは全てのスリルを振り返ります
    1936.5.21 インテル0-1ユーヴェ

    ビアンコネリはインテルとの初めてのコッパ・イタリアの対戦で勝利しました。ベスト16の戦いはミラノ市民競技場で行なわれ、試合日の4ヶ月の大雪で元々のスケジュールから4ヶ月延期を経ての試合となった。ハードな戦いとなり、ウインガーのアルマンド・ディエナが11分に決勝点を奪い準々決勝進出に貢献したが、3日後のフィオレンティーナ戦でノックアウトされた。

    1941.5.11 インテル0-2ユーヴェ

    ミラノ市民競技場に戻り、ユベントスは1936年以降の多くの挑戦でインテルに対しカップ戦で3勝目を確実とした。
    レジェンド・ストライカー1942年からユベントスの4シーズン監督も務めたフェリス・ボレルは、チームが完璧な立ち上がりで戦う事を確実とし、8分に先制のネットを揺らしました。

    元イタリア代表で1936年のワールドカップ勝者であるストライカー・パートナー、グリエルモ・バベットが79分にベスト16へビアンコネリを導くゴールを挙げスコアシートに名前を加えた。

    グリエルモ・バベットは、インテル戦でユーヴェの2点目を挙げた。
    1959.9.13 インテル1-4ユーヴェ

    ユーヴェは、クラブ史上3度目のコッパ・イタリア優勝をサンシーロでの決勝戦でインテルを負かしカップ戦勝者になった。
    オマール・シボリ、ジャンピエロ・ボニペルティ、ジョン・チャールズの有名な攻撃トライアングルを誇り、7分という早い時間帯にゴールを開始した。

    オマール・シボリとジョン・チャールズ。

    ディフェンダーのセルジオ・チェルヴァートが30分直前にフリーキックからリードを2点に広げたが、マウロ・ビッチクリのゴールでインテルが1点を返します。

    後半の始まりで一連のインテルの攻撃を防ぎ、シボリはビアンコネリのリードを2点に広げるために、コーナーからボックスへドリブルしかシュートけました。
    そして、アルゼンチンのストライカーは79分にペナルティーエリアで倒され、チェルヴァートは最終的にPKをミスすることなく決めました。

    1975.6.19 インテル2-6ユーヴェ

    ビエトロ・アナスタシとフェルナンド・ヴィオラ両選手が2得点づつ奪いでユベントスは、1975年2月のカップ戦、現在は無くなったコッパ・イタリア、グループ・ステージでのインテル戦を6-2の勝利へ走りました。ストライカーのアナスタシは試合の最初の1分でゴールを手に入れ、彼の2点目となったチームの3点目は、特に注目されました。

    翌年、ビアンコネリにインテルから移籍したロベルト・ボニンセーニャは、この夜2得点を奪ったが、ガエターノ・シエラとアントネロ・クックレドゥがそれぞれ後半得点を奪い、この2点はインテルにとって乏しい慰めとなった。

    1979.11.28 インテル1-2ユーヴェ

    ビアンコネリは、1979年準々決勝ミラノでの1回戦でインテルを2-1で負かしコッパ・イタリア準決勝へ一歩踏み出した。

    チェーザレ・プランデッリは、この夜のユーヴェの勝利の触媒となり27分に先制点を奪い、77分のフランコ・パンチェーリの勝利を確実とするゴールがレオナルド・オッチピンティのインテルの同点弾の後にあった。

    チェーザレ・プランデッリがインテル戦の先制点をセレブレーション。
    1992.2.26 インテル1-2ユーヴェ

    ロベルト・バッジョは、1992年2月のインテルのホームでのユベントス戦いでベスト8突破に関して疑う余地は無く英雄でした。
    ビアンコネリはサンシーロでのリターン・レグで1-0のリードを奪った。マッシモ・チョッチが79分に同点に追いつくまでは、ミラノでの戦いで準決勝へ順調へ向かっている様に見えました。

    ロベルト・バッジョは、リードをユベントスを戻す為、徹底的に素晴らしいフリーキックを放ちました。

    頭を落とすには程遠くユベントスは延長戦でインテルを破りました。99分にバッジョがクロスバー下へ素晴らしいフリーキックを放ち得点。レフェリーが試合終了に笛をならす前に正確で迅速な反撃後、スマートに試合を終わらせバッジョが次のラウンドへビアンコネリを導きました。

    2004.2.12 インテル2-2ユーヴェ(PK 4-5)

    12年後延長戦だけでなく、PKでの決着を2004年の決勝戦への進出へユベントスは要求された。

    マルコ・ディ・バイオとアドリアーノのそれぞれがスタディオ・デッレ・アルピでの準決勝ファースト・レグで2得点を挙げ、インテルのブラジル人フォワードはサンシーロで先制点を挙げ再び評価されました。

    アレッサンドロ・デルピエロとイゴール・トゥドールのゴールでビアンコネリは決勝進出を期待したが95分にダニエレ・アダーニが同点弾を奪い延長戦となった。

    デルピエロ、エンツォ・マレスカ、パベル・ネドべド、ニコラ・レグロッターリエ、ファブリツィオ・ミッコリが11メートルの距離で冷静を保ち5-4の撃ち合いを征しコッパ・イタリア決勝の扉を開いた。しかし決勝ではラツィオが勝利した。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK