21.01.2016 16:30 - in: セリエA S

    シモーネ、日曜日へセット

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    シモーネ・ザザは、水曜日のスタディオ・オリンピコでの戦いを振り返り、ユベントスのメンタルに同意し、日曜日にローマ戦へ勝利の進行を続けます

    12連勝を果たした連勝中のユベントスに最後に負けたのはラツィオですが、注意はローマとの日曜日のセリエAでの対決へ向き、今朝のヴィノーヴォでのユベントスにとっても普通の事でした。

    水曜日の試合後ジムでウォームダウン・セッションを行なったチームの1人でサッスオーロから加入し勤勉で献身的なパフォーマンスを続ける選手はシモーネ・ザザです。

    同様に監督のマッシミリアーノ・アッレグリと専門家の賞賛を招いた決心の実行後、今日の午後Jtvに座り、恐れを知らずのフロントマンは感情を話ました。

    ビアンコネリは「オリンピコを制圧し」5シーズンで4回目のコッパ・イタリア準決勝進出を果たしたが、シモーネの様に落ち着いて良くなりたいという謙遜と願望から昨晩の試合の話をする時、24才の心には悔しさが長引いていました。

    「昨晩は多くのゴールを逃しましたし、私はその責任の一部をとらなければなりません」とザザは切り出しました。「私は巡ってきた運でより上手くやらなければなりませんでした、しかし重要なことは私達が試合に勝ったということです。

    私は、結果に満足し準決勝進出を喜びますし、自分のキャリアで初めて今シーズン2度オリンピコで勝利を果たしました。」

    しかし、ほとんどの中立的な観察者はゴールの前での努力を批判する際にザザを加えません。そして、その代わりに正しく、誠実なビアンコネリのファンのお気に入りになる試合での献身的で疲れ知らずの仕事が選ばれます。

    そして、水曜日の試合で、今シーズンのユーヴェで最も一貫したシューターは、8ゴール目をコレクションへ加えるため素晴らしいシュートを放ったが、エトリト・ベリシャのファーポスト外1インチ外れた。
    それでも、イタリア代表はユベントスの選手として誇りをもって最初の5ヵ月を振り返ることができます。

    「私はこの数ヵ月でハードワークし、多くをチームメイトから学びました。ユベントスのようなビッグクラブまでステップアップをする時、最初に奮闘することは普通ですが、私はそれと同じくらいもっと良くなる事に常に気を配ります。

    私のお気に入りのゴール?ユベントスのために挙げるゴールは特別です。しかし1つ心に残っているゴールはセビージャ戦の物です。これまでヨーロッパの舞台で最初のゴールでした。(前のラウンドでの)ダービーでの2点も、かなり記憶に残ります。」

    「疑う余地なくリーグで最も強いチームの1つ」との日曜日の夜の試合へ、ザザとチームのハードワークは止まりませんし、ユーヴェはこの対戦でも前の試合からの「勝者のメンタリティを維持」しなければなりません。

    ザザは結論しました。「サッスオーロに敗北後、私達のメンタルに変動がありました。私の前の多くの若い選手の様に私は、ユベントスでプレーするという事がどういう事か本当に理解していませんでした。
    私達のシーズンはその結果に関して揺れましたが、現在完全に異なるチームになりました。

    「ローマは、常に厳しい試合をします。彼らは日曜日に私達に勝利しようとしていますし、彼らとユベントスは幾度とスクデット争いをしてきました。

    集中し自分達の試合をすれば、勝ち点3を得れます。」

    今シーズンここまで示してきた様に、シモーネ・ザザはめったにターゲットを外しません。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK