09.05.2016 10:30 - in: セリエA S

    スタディオ・ベンテゴディ・スタッツ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Juventus.comは、37節アウェイ、エラス・ヴェローナ戦、ビアンコネリの2-1の敗戦を分析

    日曜日夜のエラス・ヴェローナ戦、ユベントス2-1の敗戦は、6ヵ月間のセリエA、26試合無敗記録を終わらせた。歴史的な5年連続スクデット・タイトルへの勝ち点76点を得た素晴らしいリアクションを起こしたセリエAでの敗北10月28日のサッスオーロ戦以来の負けとなった。

    記録破りの成功の特徴を描写した通常の高いテンポ以下でプレーしたにも関わらず、ビアンコネリは、合計シュート数(16対12)、枠内シュート(5対4)、ポゼッション(58.9%対41.1%)、パス成功率(86.1%対75.8%)、50-50の挑戦(52.4%対47.6%)としてエラス・ヴェローナに対し殆どのスタッツで良い数字を記録した。

    それにもかかわらず、この夜エラス・ヴェローナは最も重要なスタッツとして、素早いカウンターアタックで試合に実を結び最終的に得点を得ました。
    この結果は、ユベントスがアレッサンドロ・デルピエロのPKで勝ち点をトリノに持ち帰った以来、15年以上までセリエAでアウェイ、エラス戦無勝の記録を伸ばした。

    12月20日のアウェイ、カルピ戦以来マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手達にとって初めて2ゴール失点を許し、スタディオ・ベンテゴディで先制点を挙げた男へ言及されます。
    傑出した20年のキャリアを締めくくる出場は12ヶ月所属したユベントスとの戦いでしたルーカ・トニは、チャンピオン相手にホームで3点目となるゴールをペナルティ・スポットからエレガントなドロップシュートを決めた。

    この夜にアッレグリ監督のチームのメンバーにとって、2、3の重要なマイルストーンがありました。試合終了の数秒前にペナルティ・キックを決めたパウロ・ディバラは今シーズン全ての戦いで21ゴール目を挙げ、ビアンコネリで最初のシーズンのカルロス・テベスの得点に並びました。

    一方、ユベントスと共に全ての5連続リーグ・タイトルを持ち上げた偉大な8選手の重要なメンバー、アンドレア・バルツァッリにとって、昨晩の試合は、2011年1月にヴォルフスブルグから加入しユベントスで150試合目のセリエA出場でした、

    最後に、この結果にも関わらず注目すべきパフォーマンスがダニエレ・ルガーニとフアン・クアドラードにありました。21歳のディフェンダーは67回のパスを成功させ、3回のタックルに価値5回ボールを取り戻しました。また、コロンビアのウィングの魔術師は、3本のシュート、3回の得点機会演出、90分で2度ドリブルで前進しました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK