08.02.2016 11:15 - in: セリエA S

      スタディオ・マトゥーザでのスタッツ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Juventus.comは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームのリーグ戦14連勝の数字を振り返ります

      ユーヴェは昨日の午後、より良い形でナポリとの土曜日夜のセリエA決戦へ備える事ができたでしょうか?

      格下のフロジノーネとの日曜日の対決前のロッカールームでの声は、ビアンコネリがロベルト・ステッローネ監督のチームを破る事が出来なければ、リーグ首位との直接対決の価値を失うだろうという合意でした。

      遅く難儀な前半の後、フアン・クアドラードとパウロ・ディバラの後半のゴールで、セリエA14連勝(アウェイで8勝)を記録しビアンコネリは再び集中を維持した。

      下記のリーグ順位表が示す様に、昨日午後の勝利は最終的にユーヴェとナポリの間での勝ち点差を丁度2点に保ちマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームの守備の堅実さと忍耐の働きの例となった。

      ここであらためて、ジャンルイジ・ブッフォン、アンドレア・バルツァッリ、ジョルジョ・キエッリーニ(怪我で交代した)そしてレオナルド・ボヌッチのディフェンダー陣は、枠内への相手のシュートを1本のシュートに抑えペナルティ・エリア内で僅か2タッチに相手を抑えこれは今シーズン4回目となった。

      熱くねばり強いフロジノーネのフロントの3選手に対し、ビアンコネリの3バックは均等に対応を広げ、それぞれ18回ポゼッションを取り戻した。

      ユーヴェ、ディフェンスにバランスをとるバックラインがあり、常にボールを動かし続けているのはディフェンスの前にいる男です。

      クラウディオ・マルキジオは、2006年にフロジノーネ戦とナポリ戦の勝利で彼のユベントスでのファースト・チームのキャリアを開始し、フィールドの中心でミッドフィールダーの落ち着きを10年後に再び、この2試合でプレーを刻む大きな役割を果たしました。

      クラウディオ・マルキジオの平均的なプレー位置:マルキジオはフィールド中央を支配した

      ステファノ・ストゥラーロとポール・ポグバの後ろでの役割でのプレーで、マルキジオは70回のパスと14回のクリア、3回のインターセプト、12回ポゼッションを取り戻した。
      非常に安定した中盤でのパフォーマンスはユベントスのチームで欠くことのできないものです。

      さらに前、それは美しく配置されたアディショナルタイムのゴールが今シーズンのセリエAで13得点目となり、ビアンコネリのメインストライカー、ディバラへ試合後のスタッツの言及が無い訳ありません。実際、ディバラの一貫したハッキリした指標として今シーズン3試合ノーゴールという事はありません。

      本当の攻撃の脅威は安定した守備を補うウイングバック、アレックス・サンドロとフアン・クアドラードがビアンコネリへ完璧なパフォーマンスを行なった。

      同時に共に大きなポジションを占めないペアは、アッレグリ監督の判断で、スタディオ・マトゥーザがで2人のウインガーを最大限の力でプレーさせ、大きな影響を残した。

      Average position

      Frosinone
      • Leali33
      • Crivello3
      • Russo4
      • Blanchard6
      • Rosi28
      • Gori5
      • Sammarco21
      • Chibsah22
      • Daniel Ciofani9
      • Dionisi18
      • Tonev19
      • Substitutes
      • Frara7
      • Soddimo10
      • Longo12
      Juventus
      • 1Buffon
      • 3Chiellini
      • 15Barzagli
      • 19Bonucci
      • 8Marchisio
      • 10Pogba
      • 12Alex Sandro
      • 16Cuadrado
      • 27Sturaro
      • 9Morata
      • 21Dybala
      • Substitutes
      • 24Rugani
      • 37Pereyra
      • 39Favilli

      クアドラードは常に足下のボールで攻撃を行い週半ばの重要なジェノア戦に続き、得点を挙げた。その間逆サイドでは、アレックス・サンドロがこの強い合い最高の6度の得点機を作りフアンのゴールも演出した。

      全般的に見て、これらは、シーズンで最も熱く待望の試合前の正確にチームのピークを指す数字です。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK