11.01.2016 10:30 - in: セリエA S

      ルイジ・フェラリスでのスタッツ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      日曜日の夕方ジェノバでのサンプドリア戦ビアンコネリ2-1で勝利のスタッツ

      日曜日夕方、サンプドリア戦をユベントスは2-1で勝利しリーグ戦9連勝を飾った。そして、自身のセリエA最長連勝である2013年10月と2014年1月の間の12に次ぐヨーロッパのトップ5リーグにおける素晴らしい活躍をマークした。

      ここでは、ルイジ・フェラリスでの数字に付いて取り扱います。

      4 – この期間マラッシで得点を挙げる前のポール・ポグバのリーグ戦得点数。2015/16シーズンでは既にジェノバで9月に得点を挙げています。ポグバは、イタリア国内での最後の6試合のうちの5得点5アシストを記録した。

      4 – 実行されたドリブル数と、エルナネスのインターセプト数。エルナネスは6回ボゼッションをを取り戻し、ユベントスのフィールドプレーヤで最も多い数字になった。

      2 – サミ・ケディラ、のセリエAでの得点数。サンプドリア戦とイタリアデビュー戦となった10月のボローニャ戦でゴールを挙げています。

      8 – リーグ戦でのパウロ・ディバラの鍵となる貢献の数(5ゴールと3アシスト)

      2 – サンプドリアがハーフタイム前にビアンコネリボックス内でボールに触れた回数。試合終了までに9回になった。

      7 – 前半マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームが奪ったクロスとコーナーの数。

      13 – 試合の流れからユベントスが放ったシュート数。(枠内へは5本)サンプドリアは9本。(枠内へは2本)

      46.2 – 左サイドからユベントス攻撃のパーセンテージ。

      Attacking Thirds

      Created with Raphaël 2.1.232.1%26.3%41.6%
      Created with Raphaël 2.1.246.0%22.2%31.8%
      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK