16.02.2016 17:00 - in: チャリティー/CSR S

      パルティータ・デル・クオーレ・チャリティーファウンドの全面的な成功

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      アンドレア・アニェリ、パベル・ネドベド、マッシミリアーノ・アッレグリは、今日カンディオーロでのスペシャルイベントに出席します、そこで、€930,000の小切手がピエモンテのがん研究所に譲渡されます

      2015年6月2日に、パルティータ・デル・クオーレ・チャリティーファウンドがユベントス・スタジアムを照らしました。そして、スポーツとエンターテイメントの世界が価値のある特別な夜に結びつきファンを楽しませました。

      トリノの力強い観客の前に続いて、フォンダツィオーネ・テレソン遺伝病研究に設立される生医学の慈善団体とピエモンテのがん治療と研究のカンディオーロ研究所へ、チームのパフォーマンスがイタリアの歌手、芸能人のチームとの対戦で、重要な資金調達を可能にしました。

      イベントでの全ての厳しい仕事と努力の報酬はカンディオーロで行なわれた今日の特別な式典でアンドレア・アニェリ会長、パベル・ネドベド副会長、マッシミリアーノ・アッレグリ監督によって自ら手渡され、€930,000の小切手がピエモンテのがん研究財団のアレグラ・アニェリ会長へ譲渡されました。

      「我々はユベントスに感謝しなければなりません。そして、彼らは我々にとって偉大な旅の仲間です。スタジアムは、今日の素晴らしい夜へ理想的な会場でした」と、アレグラ・アニェリは言いました。

      ジャンルカ・ペッチーニ(イタリア国立歌手協会CEO)は、以下のように話しました。
      「トリノは、我々のこれらのイニシアティブを組織するために最も多くの援助を行なった都市の1つです。心からの感謝は、ユベントスへ行きます。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK