18.10.2016 22:58 - in: マッチレポート S

    10人のユーヴェ、ドラマチックなリヨン戦勝利

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    フアン・クアドラードの76分のゴールが、ハードな戦いであった火曜日のチャンピオンズ・リーグ、アウェイでのリヨン戦で1-0のユベントスの勝利を導いた

    35分にユーヴェは、チーム象徴するキャプテン、ジャンルイジ・ブッフォンが、アレクサンドル・ラカゼットのPKを心臓が止まるようなセーブで失点を防ぎます。少しのミスがあったラカゼットのPK、ブッフォンは左へ低いダイブを決め止めると、ホームサポーターにとって信じられない結果となった。

    ユベントスは、ハーフタイム直前にもチャンスがありリードを奪おうとします。イグアインのヘディングはロペスにセーブされノーマークであったボヌッチのヘディングは、枠を外れそのまま前半終了、ハーフタイムに突入した。

    リヨンは、後半強く試合に臨み、ブッフォンは再び49分にヒーローとなるべきプレーを強いられ、ナビル・フェキルの跳ね返りからのシュートはバーを越え、二度目の攻撃はボヌッチによってコースを塞がれた。

    ユーヴェの背番号1は、シンプルに驚異的なプレーを70分に示し脱帽させることに。コランタン・トリッソのほぼゼロ距離のヘディング・シュートをライン上でブロックした。

    ビアンコネリハ、53分にマリオ・レミナが2枚目のイエローカードで退場してしまし、10人で戦う事になり大幅な後退となった。しかし素晴らしいブッフォンが支え、自身をビルドアップし勝利を奪う事への信念を確実とした。

    69分にパウロ・ディバラと後退したクアドラードが、投入7分後に素晴らしい決勝点を祝います。クアドラードは、リヨンの左サイドバックを抜き去り、素晴らしい技術で角度のないところからゴールを奪い、ユーヴェのアウェイ・ファンを歓喜させました。

    この結果、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手たちは、グループHの戦い最初の3試合を終え、勝ち点7で首位をキープします。第4節は、11月2日水曜日、今度はトリノでリヨンと対戦します。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK