06.02.2016 16:30 - in: セリエA S

      #FrosinoneJuve フロジノーネ戦へ10の事

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      攻撃に関するディフェンダーの違い、フォームと選手のプレーヤーと際立つスタッツ、Juventus.comはスタディオ・マトゥーザでの日曜日の対決前にまとめます
      「五分五分の」セリエA大接戦

      ユベントスとフロジノーネのイタリアのトップリーグでの唯一の過去対戦は、シモーネ・ザザとレオナルド・ブランシャールのゴールで引き分け(ユベントス・スタジアムでの1-1)で日曜日の試合に参加します。

      危険なD

      おそらくだが、疑う事無く「D」という存在、重要なパウロ・ディバラとフェデリコ・ディオニジの2人がそれぞれのチームでメインとなる攻撃の脅威です。

      ディバラは今シーズンのユベントスのゴールの46.5%に貢献し、12得点8ゴールを演出した。フロジノーネでは42%のゴール、7ゴール3アシストを記録しています。

      元所属の場合

      トリノ生まれたアレッサンドロ・アレッサンドロ・フラーラはユーヴェのユース・アカデミーで育ち、2001/02シーズンのファーストチームで、コッパ・イタリアとチャンピオンズ・リーグ合わせて11分プレーした。ミッドフィールダーは現在フロジノーネを率い、4年半在籍しています。

      一方、2012年にブレッシアからユベントスに加わった、フロジノーネのキーパー、ニコラ・レアーリは、現在4年目のシーズン長期ローン期間です。
      22才はまだビアンコネリのユニフォームを纏っていません。前の3シーズンでヴィルトゥス・ランチャーノ、スペツィア、チェゼーナに所属しました。

      安全な手

      チームは、リーグ下位を戦っているという予想から、レアーリは今シーズン、ゴール間で忙しいシーズンであったが、セリエAで3番目となる全体で81セーブを見事に記録しています。

      日曜日のピッチの反対側でプレーするのは、6試合無失点を既に2016年のリーグ戦で保っているジジ・ブッフォンです。

      15分間のコントラスト

      ロベルト・ステッローネ監督が指示するリストには、前半と後半の最後の15分での鋭い集中を日曜日の対戦前に求めるという事です。
      フロジノーネは、リーグで最も多く31分〜45分(5回)、76分〜90分(12回)に失点しています。

      一方ビアンコネリは、正確に試合の同期間に最高の得点記録があります。9回と10回前後半の最後の15分で得点しています。

      記録の思い出

      水曜日にジェノアを破り、ビアンコネリは13連勝というクラブ新記録を今シーズンセットしました。その一方で、2013/14シーズンの終わりと2014/15シーズンの始めで成し遂げた13連勝と等しいものです。スタディオ・マトゥーザで勝ち点3を奪う事は、セリエAかどうかに関わらず、新記録を意味します。

      セットプレーのサイン

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督が週の間に宿題に取りかかり、セットプレーでフロジノーネから得点を奪う機会を見ています。
      フロジノーネは、今シーズンのセリエAでリーグ最高の14回セットプレーから失点しており、その間ビアンコネリは2015/16シーズンで8失点を記録しています。

      ポグバの多くの得点

      ポール・ポグバは、3度のアウェイでの試合(カルピ戦、サンプドリア戦、キエーヴォ戦)それぞれで得点を上げ、フロジノーネ戦でゴールを上げれば2016年の遠征での得点でユーヴェの最多得点先取になります。
      ディバラ、アルバロ・モラタとアレックス・サンドロはこの遠征でそれぞれ2得点を挙げています。

      もはや後へ引けない

      ユーヴェがスタディオ・マトゥーザで先制すれば、今シーズンのアウェイゲームでリードした8試合で勝ち点3を奪っており、勝利の兆しとなります。
      さらに、フロジノーネは、ホームでビハインドとなった6試合で負けています。

      ディフェンスの違い

      疑う余地なく4年半に渡るユベントスの成功の基本はアウェイでの最少失点で、今シーズン(インテルと共に)9失点という最少失点を誇り、ユーヴェ・ディフェンスは今シーズン、もう一度この感銘を与えました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK