08.01.2016 19:00 - in: セリエA S

    #SampJuveサンプドリアを知る10のこと

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    過去の対戦、最後のゴールからスクデットのピッチ上でのパーティまで、これらは10のヴィンチェンツォ・モンテッラ監督のサンプドリアとの日曜日のセリエAでの対戦について知るキーファクとと事実です
    1) サンプは決してシンプルではない

    8連続リーグ戦勝利のような信用は確立していませんが、ユーヴェは日曜日夕方に誠実なサンプドリアを沈黙させるために最善を尽くす必要があります。

    そのような決まり文句はシーズン中の重要な試合前に出されるが、いくつかの根拠からコンパクトで歴史的なルイジ・フェラリスの脅迫的な空気でビアンコネリはこのホーム観客の前で戦う事になります。サンプドリアはルイジ・フェッラーリスでの過去13試合で2勝を挙げており、2013年5月(3-2)と1995年12月(2-0)です。


    しかし、スタッツはいったい何を彼らが求めているかを言うことができます。
    逆に、サンプとの過去4試合のうち3試合に勝つ前に、2008~2013年の10試合で 3-3の引き分けと珍しく2-1の敗北を2013年1月にユベントス・スタジアムで経験しました。

    2) モンテッラ監督

    将来の雇用主であるローマへ向かい、チームに加わる事を説得するようにドアの外で何時間も待つ時、それがクラブのレジェンド・ストライカーならノーと言うのは非常に難しいです。

    ヴィンチェンツォ・モンテッラはサンプドリアでの3年で54回のゴールを挙げた

    ですのでストーリーとしてサンプドリアの監督としてヴィンチェンツォ・モンテッラはいずれにしろ指名されます。

    ありがたいことにマッシモ・フェレーロ代表の問いに、元ローマでフィオレンティーナ監督だったモンテッラは応えサンプドリアで安定のスタートを切りました。
    11月からジェノアとパレルモに2勝を挙げ3敗をリーグ戦で記録しています。

    日曜日にタッチラインで向かい立つマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、毎試合勝ち点を集めており、260試合で平均1.82点を集め、モンテッラ監督は171試合で1.63を集めています。

    驚きもしないが、2人の非常に評価される監督を離すのは難しかいですし、以前の8試合で各々2勝を得ました。

    3) 海辺のスクデット

    この40年ほどの間の珍しくもユベントスは2度1977年と2015年にサンプドリアのホームで17回目と33回目のスクデットのタイトルを手にしました。

    昨シーズン、トロフィーを手に入れたアルトゥーロ・ビダルの前半のゴールは、抜け目ないプレーの落ち着きが必要なフィニッシュでした、重要性とクオリティは、38年前のロベルトベッテガの素晴らしいバックヒールに並びます。

    タイトルは次の対戦には関わらないが、サンプドリアのホームでの勝利はビアンコネリがフィオレンティーナ、インテル越え今シーズン初めての首位へのチャンスとなります。

    4) エデル、ディバラ?

    その質問はこの2年間選手に無数の眠れない夜を引き起こし、今週末の対戦は最も多く得点を奪っているストライカー、エデル・チタディン・マルティンスとパウロ・ディバラの2選手間の対決です。

    2012年にサンプドリアに加入前にブレッシアとチェゼーナにエンポリからレンタルで移籍し、イタリア人に聞かしたエデルは、現在彼のキャリアで最も実りの多い期間を楽しんでいます。

    最近までの降格候補の危機に陥っていたチームで、エデルは11ゴールを記録し(シーズン間で彼の12ゴールの記録より1つ少ない)、ヨーロッパの選手権へアントニオ・コンテ監督のイタリア代表に招集されました。

    同じく南米出身のディバラは、1歩ずつ遥ヴェローナ戦での優れたフリーキックで9ゴール目を挙げはるかに優れた形で日曜日の試合に臨みます。

    ディバラのヴェローナ戦早々のフリーキックは、セリエA7試合で5ゴール目を記録した

    このゴールは、ディバラに助けられた多くの試合での7ゴール目となった。エデルは、11月上旬から二回ゴールを挙げました。

    私達は、誰が行くのかわかっています…

    5) サンプの形はどうか?
    前監督ウォルター・ゼンガから受け継がれる4-3-3システムに、新監督モンテッラは主に固執しました
    6) ホームにはハートがあります

    日曜日の会場は1911年に建造され、ピッチを囲む四角い構造からよくIKEAの家具に似ていると言われ、イギリスから空輸され伝統的なイングランドのスタジアムと似ています。

    賑やかな空気と熱狂的なホームサポーターの助けが特徴的でサンプは、自信のホームでのプレーを得意としているのは当然です。

    今シーズンのセリエAの勝ち点18はルイジ・フェラリスで手に入れ、29リーグゴールがあり、記録はフロジノーネスタディオ・マトゥーザと並びます。

    7) ユベントスが歌うまで終わらない

    ここまでビアンコネリの2015/16シーズンから学ばれる1つのレッスンがあるなら、それはユベントスが歌うまで、試合は終わらないということです。
    結果が事実上既に決まっていたが、シモーネ・ザザのゴールは、最後の15分で記録されるゴールの9ゴール目でした。

    サンプドリアは終盤のドラマを公正に起こし、75分と90分の間で7回ゴールを奪いました。2チームの後半のゴールは合計34得点です。終了前に見るのを止めないでください。

    8) シェアを気にして

    前記のエデルがシーズンの慎重なスタートを疑う余地のない明るい点である間、この期間ビンチェンツォ・モンテッラ監督のチームに得点をあげる6人の選手ロベルト・ソリアーノ、エデル、ルイス・ムリエル、エルヴィン・ズカノヴィッチ、フェルナンド、デビッド・イワンのうちの1人です。

    フェルナンド、イワン、ソリアーノ(全員写真の中)は、今シーズンゴールを挙げた6人のサンプ選手の3人です

    一方、11人の異なるビアンコネリ選手は、8月からローマ(13)に次ぐゴールを挙げています。

    9) シュート精度

    ゴールの前でのサンプドリアの消極性の理由は、完璧なシュートチャンスを待ちたいという忍耐と意欲でした。

    197回のシュート合計はリーグで最も低いもので枠内へは48%、得点は13%と最高のものの一つです。

    ポール・ポグバはこのこの期間、他のどのユーヴェ選手よりも多い54本のシュートを試みました。

    サンプの精度と対照をなして、ユーヴェのシュート(293本)は2の番目に高さでナポリの304本に続き正確さは39%と7番目です。

    10) 意気消沈して

    試合の終盤でゴールをあげるチームのために、サンプドリアが今シーズン先制された全10試合で勝てていない事を驚くかもしれません。3引き分けと7敗を記録しています。

    ユーヴェは、ここまでリーグ勝利のほぼ半分勝利を拾い、合計勝ち点13をポイント、4敗を記録しています。先制点が日曜日に重要です。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK