23.04.2016 18:55 - in: セリエA S

    日曜日を知る10のこと

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    スタディオ・アルテミオ・フランキでの日曜日の対決前に知る10の鍵となる事実、リーグ・タイトルの準列、キーマンをJuventus.comはセレクション
    1) タイトル順列

    現在全員の心の最前線にある話題からスタートしましょう。:どこで、そして、どのようにユベントスがチャンピオンになることができるか、そして最もすぐに達成することができるでしょうか?

    実際、ビアンコネリは残り4試合で現在2位ナポリに対し勝ち点9点を差をつけています。25リーグ戦で24勝をユーヴェが挙げ、スタディオ・オリンピコでのローマ戦でナポリの勝利だけがシーズン残り3試合へタイトル・レースを引き延ばすことができます。

    シンプルに、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は次の2日間でスクデットを数字上で確実にし、ローマでのナポリの結果をより良くする必要があります。首位が負けるか、ナポリが勝利か引き分けで、スクデットの決着は次週末のカルピ戦に持ち込まれます。

    全てが明らか? いいね

    2) 厳しい場所へ

    ユベントスは、歴史的に厳しい戦いの場所スタディオ・アルテミオ・フランキへ向かいます。このスタジアムでは、一度だけ過去4試合で2012年3月に5-0の勝利を挙げています。

    奇妙にも、ユーヴェのフィオレンティーナ対戦では、他のチームよりも多くの得点(250)と勝利(71)記録し、ビアンコネリはフィレンツェでのプレー全体でネガティブな記録は持ち、ヴィオラの26勝に対し20勝を挙げ30試合で引き分けています。

    ペナルティーボックスでのアクションに関して、最後の3試合フランキでの戦いで2試合無得点で終わったが、2チームは1試合2.71%という非常に高い確率で得点し、合計で415回ネットを揺らして居ます。
    実際リーグ成績対比一覧表で、高いスコアリングでスクデット・タイトルへユーヴェを首位に立たせます。

    3) 長い5ヵ月

    首位インテルと5点差とした2015年12月13日に、フィオレンティーナは丁度勝ち点1点ビハインドでユベントス・スタジアムに向かい、ユベントスは15連続セリエA連勝を記録する初期のステップとした。

    5ヵ月を早送りし、景色は見分けのつかないほど変わりました。フィオレンティーナとビアンコネリが今度の対戦への準備をし、後者は勝ち点23点差でリードしています。そしてアドバンテージは、72点獲得可能なところで70点を歴史的な24試合で得てきました。

    この間に、ソウザ監督のチームは7点を加え、ロベルト・マンチーニ監督のインテルと1つの場所を2点で彷徨い、ユベントスの5年連続タイトルへの23点とは対照的です。

    問題の事実は日曜日のホームチームがシーズン後半に大幅に平均以下の成績であったことをスタッツが証明していません。むしろユーヴェのエキサイティングな一貫性は追跡するチーム対しスクデットの望みを摘みました。

    4) 要塞フランキ

    これを念頭に、フィオレンティーナのファンは今シーズン、これまでに一般的に堅実なフォームをホームで構築し、立派な勝ち点37を拾っています。

    実際、ソウザ監督のチームはスタディオ・アルテミオ・フランキでの8試合で1勝を挙げたが7試合を無敗で戦っています。
    サッスオーロとの先週末の3-1の勝利は、サンプドリア戦、ヴェローナ戦、ナポリ戦とホームで3連続1-1ドローの後でした。

    しかし、フィレンツェのチームに自信があるのは、、彼らのチームの少なくとも1ゴールを挙げるということです;ヴィオラが現在フィレンツェで21試合連続で得点を挙げたことをサッスオーロ戦での成功で確実としました。この期間で計43ゴールを手にしています。

    今シーズン、ユベントスが他のチームに示したように、ゴールの安定した供給は最後にタイトルへ向かわせます。

    5) ブロックの外へ

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督の試合前会見でも話されたように、、ビアンコネリは明日の夜、正しく初めから今シーズン開始30分で強さを見せるチームに対し善戦する必要があります。

    12月のユベントス・スタジアムでのヨシプ・イリチッチの3分ペナルティはフィオレンティーナの最初の30分で記録した20得点のうち1ゴールでした。この合計点はローマだけが22点で上回ります。ユーヴェ自信は、最初の15分での得点で半分とフルタイムでの記録を持ちます。
    自身にします。

    マリオ・マンジュキッチとパウロ・ディバラの両者は前回の対戦でトリノで最後の10分で得点を挙げた事を思い出すかもしれません。

    6) ラインアップとチーム・ニュース

    アッレグリ監督は、フィレンツェでのラインナップから2人の欠場者を発表した。クラウディオ・マルキジオは今シーズンの全てに欠場となり、ジョルジョ・キエッリーニは土曜日のトレーニングでの膝の捻挫で欠場します。

    監督の試合前記者会見がヒントになるなら、アルバロ・モラタが欠場から戻り、シモーネ・ザザ、マリオ・レミナ、クワドォ・アサモアがサミ・ケディラがおそらく休み、ステファノ・ストゥラーロが重いおたふく風邪で遠征を欠場するの、中盤での出場を争います。

    一方フィオレンティーナは、ミッドウィークでの2-1で敗北したウディネーゼ戦から続く筋肉の問題でマティアス・ベシーノが欠場し、クマ・ババカルとパナギオティス・コネに加わります。ソウザ監督はウディネでの敗戦から点を取り戻すために、明日のスターティング11にキーマンを送ると思っていてください。

    7) ダック・ブレーカー

    特にユベントスがフィオレンティーナと対戦は得点を挙げる選手を予測する事は難しい試合です。

    トリノとフィレンツェの最近の戦いでは、クワドォ・アサモアが2014年3月にフィオレンティーナ戦でホームで得点し、シモーネ・パドインとレオナルド・ボヌッチは史上最高のビアンコネリのスタッツとなった、2012年と2011年で先制点を挙げた。

    レオナルド・ボヌッチにとって多くのものの最初のもの…

    その上、ウディネーゼに在籍している時にアサモアの最初のセリエAゴールでの対戦相手は2009年4月のフィオレンティーナ戦でした。

    8) ディバラは、ホームの鳥

    パウロ・ディバラよりもゴールを挙げアシストを記録したユベントスの選手はいません。今シーズン24のゴールへの貢献があり、これは同郷のカルロス・テベスの最初のシーズンよりも1つ少ないもので、水曜日のラツィオ戦の2得点で全ての大会で20点に達成した。

    しかし、ディバラの16リーグ・ゴールの5点はホームでの得点です。

    もしディバラが日曜日の夜にテベスに並ぶ事になり、最終的に追い越す事ができれば、2月7日にアウェイで得点を挙げた時からしていない何かをする必要があります。

    たまたま、ディバラの16リーグ得点のうち5点は道の上です。エレクトリックなユベントス・スタジアムは、ムードでなければなりません…

    9) ソウザ監督のキーマン

    ユベントス・スタジアムでのゴールのタイミングは、彼らにとってデジャヴの雰囲気を持ったものではありませんでした。イリチッチがPKで7得点して以来今シーズン全体で13得点を挙げています。

    イリチッチがフィオレンティーナにとって最も危険な選手である間、ソウザ監督の選手で本当に動かしているのはスペイン人プレーメーカー、ボルハ・バレロです。

    ボルハ・バレーロは、フィオレンティーナ中盤を操ります

    ミッドフィールドとディフェンスの間でのスペースで自由な役割で動き、バレロは今シーズンチームメイトへ69回の得点チャンスを引き起こし、リーグで3番目の数字を残し、反対ハーフで、1185回の動きから1000回以上で成功させています。

    10) 最後のタイムアウト
    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK