04.02.2016 10:45 - in: セリエA S

    水曜日の夜のキー・ナンバー

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ジェノア戦の1-0の勝利は、ユベントスのセリエA13連勝となり、17試合中16試合目の先制してリードしての勝利となった

    13:いくつかな、記録破りのユベントスのために。

    水曜日のジェノア戦、辛うじての1-0の勝利のスタッツをまとめ始めるために1つ論理的になることができます。10月31日にトリノを破ってからビアンコネリは13連続リーグ戦勝利を挙げ、新しい自己ベストを記録した。

    しっかりとした運命のいたずらにおいて、この注目に値する連勝を開始したのは、ハロウィンの夜、トリノ戦でのフアン・クアドラードの終盤の決勝点でした。そしてクアドラードは連勝を続けるプレーを昨晩も残し、セバスティアン・デ・マイオを通しゴールキーパー、マッティア・ペリンを越える低いシュートを放ちました。

    クアドラードの至近距離でのプレーのおかげで、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、今だけでなくクラブ記録を破るセリエAでの連勝へ得点を挙げ続け、連続で13試合得点を挙げています。

    偶然、クアドラードのシュート方向が変わり、ジェノア戦での得点はユベントスの今シーズンのゴールで2点目のオウンゴールとなり、アッレグリ監督のチームは今シーズン、リードを奪った18試合で17勝という印象的なスタッツを延ばすことを確実とし、再びトップフライトでの記録となった。

    対戦相手に、殆ど得点の機会を与えず、ペナルティーボックスでのアクションについては殆ど何もなく、もう一度ビアンコネリのバックラインがフィーチャーされると言う事は思いがけない事ではありません。昨晩の無失点は6試合で5回目なり、今シーズンの15失点はリーグで最も堅いディフェンスとしての証明を維持した。

    このディフェンスのタフさの秘密は、レオナルド・ボヌッチ、アンドレア・バルツァッリとチームメイトの敵をブロックする能力です。今シーズンが初めてではなく、ユーヴェは明確に相手チームのシュートを2本に抑え、90分全体で相手の攻撃を制限した。

    さらに前、ミッドフィールダーのトリオ、クラウディオ・マルキジオ、ポール・ポグバとシモーネ・パドイン予想通り好戦的で、競争的でした。
    ファイナル・サードの限られたスペースでプレーし、ねばり強くて良く組織されたジェノアから、ポグバは42回パスを成功させ、3本のシュートを放ち、6回ポゼッションを奪い返した。

    フィールド前線での、どんなペナルティーエリアの貢献も、パウロ・ディバラ、アルバロ・モラタ、ジェノアのストライカー、レオナルド・パヴォレッティは形にする事が出来なかった。
    3回の得点機会からディバラは驚くほど枠へのシュートを放つ事が出来ませんでした。
    3つのうち、パヴォレッティだけは放つ事ができた。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK