24.02.2016 09:00 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      ドラマの背景の数字

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Juventus.comは、トリノでのスリリングな夜をデータを通し分析

      あなたは、どの様ににこの夜を要約しますか?
      最後の30分をどの様に、そして終盤の勝利を奪い敗北を救う2度のネットを揺らしたプレーをどの様に説明しますか?
      あなたはどのように、ビアンコネリの立派な後半の反撃をまとめますか?

      ユベントス・スタジアムで再び「二つの”ハーフ”が」であったように、少なくとも昨晩の劇的な試合の背景にある秘密のいくつかは、トリノでの対戦で鍵となるスタッツと事実の数字です。

      事実としてバイエルン・ミュンヘンのゴールは、今シーズンのユーヴェのホームで2得点を奪った最初のチームとなり、この対戦でハーフタイム間隔に一発食らわせた事に殆ど疑いはありませんでした。

      このシンプルな証明は、両チームによって放たれたシュート数で確認できます。前半、バイエルンはジャンルイジ・ブッフォンのゴールに浴びせ、ビアンコネリの3本に対し8本を放ち、ハーフタイムの後はユーヴェがバイエルンの枠内へ8本を放ち、バイエルンは5本となった。

      そして、ホームチームが逆襲を試みた時、大きく正確にプレーし7回マニュエル・ノイアーへ挑戦した。そして、この合計は12月のぎりぎりで敗北したセビージャ戦を上回りました。実際バイエルンは火曜日夜の心を奪うような試合前はアーセナル(8)から本数の枠内へのシュート受けるだけでした。

      2本のシュートは勿論ドイツ・チャンピオンのネットを揺らし、2005年10月のユーヴェが得点出来なかった所からの偉業となり、またパウロ・ディバラの最初の得点と後半途中出場のステファノ・ストゥラーロのゴールは両者にとってチャンピオンズ・リーグでの最初のゴールとなった。

      明確に印象的なバイエルンが序盤の大部分でユーヴェのペナルティーエリアの端で守備をする事を強制したので、問題は2人のヤング・スターの得点前にマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームにとって厳しい戦いでした。

      下のグラフィックから解る様に、ゴールキーパーのノイヤーが彼自身のゴールから30ヤードの位置から始めバイエルンのフィールドプレーヤー10人ほとんどをしばしばユベントス陣地へ配置しました。

      驚く事も無くペップ・グァルディオラ監督のチームの優勢は彼らが、ポゼッションを支配するものでした。バイエルンはユーヴェの後半の反撃にも関わらず67%のポゼッションでプレーを楽しみこの夜を終えました。そして、ユーヴェの525タッチに対し、868のタッチ数を記録した。

      しかし決定的にビアンコネリのパスとボールへのプレッシャーは、始めに用心深く最終的に勇ましく献身的であった。
      アッレグリ監督のチームにのピッチでのまとめは下記のheatmapが示します。

      ポール・ポグバとフアン・クアドラードのダグラス・コスタとの個の対決は90分を通して観られた数字がユベントスの中盤での疲れ知らずの最高の2選手からおそらく見つかります。

      ポグバはチームのプレーの全ての面で関与し、3本のクロスを入れ多くのタックルと5つのフリーキックを記録し、クアドラードの終わる事の無いエネルギーがピッチ上でチームにとって重要な数字6回のドリブル、63タッチ、11回のポゼッションを取り戻しを記録した。

      クアドラードが試合後のインタビューで話した、最初を終えビアンコネリがセカンド・レグを戦う事ができるなら、それはミュンヘンでの試合です。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK