22.03.2016 11:00 - in: セリエA S

      30試合が終わり、後8試合…

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      シーズンの4分の3がプレーされ、代表戦中断期間に突入、Juventus.comはここまでのシーズンのスタッツを振り返る機会を利用します

      冷静にシーズンのここまでを検証すると、代表戦が間近に迫った忙しい8日間と30試合を終えたセリエAの現在は理想的な週末の瞬間です。

      現在勝ち点3点差、残り8試合で最も近くで接戦している挑戦者ナポリの上に立つビアンコネリ、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームが残りのリーグ戦でトップに向かい近づくシーズン終了を劇的に迎えるかを説明します。

      ジャンルイジ・ブッフォンと彼のディフェンス・チームが973分間無失点でセリエA記録を破ったこの数週間、それがスクデットへの道にユーヴェが戻るチームの努力であったと以下の数字が示します…

      セリエAランキング

      どんな詳細を調べる前に、唯一本当に重要なことは5月15日にどこにいるかです:

      Italian Serie A

      PosTeamPtsPWDLGFGAGD
      1JuventusJuventus70302244551639
      2NapoliNapoli67302073622438
      3RomaRoma60301794623131
      4FiorentinaFiorentina55301677503218
      5InternazionaleInternazionale55301677402812
      6MilanMilan49301310740319
      7SassuoloSassuolo45301112737334
      8LazioLazio42301191038380
      9ChievoChievo3830108123439-5
      10BolognaBologna3630106143035-5
      11EmpoliEmpoli363099123442-8
      12GenoaGenoa343097143237-5
      13TorinoTorino333089133742-5
      14AtalantaAtalanta333089132835-7
      15SampdoriaSampdoria323088144348-5
      16UdineseUdinese313087152645-19
      17CarpiCarpi2830610142846-18
      18PalermoPalermo283077162851-23
      19FrosinoneFrosinone273076172955-26
      20VeronaVerona1930213152651-25

      偶然にも全体的なリーグ順位表は、既に完了したシーズンの4分の3でのユーヴェのトップ・ランキングというだけではありません。

      ブッフォンはチームメイトの信頼で記録を破る走りを議論し、Optaにより提供されて数字は守備の単位として全体的にビアンコネリにとって行われたキャプテンとチームメイトのプレーでの謙遜の認識をサポートします。

      ユベントスの入り込めないバックラインの秘密は、敵のゴールへのシュートを防ぐ能力でした。アッレグリ監督のチームは今シーズン最少の失点数(16)で枠内への被シュートも最少(251)で、最も近い競争相手フィオレンティーナ(277本)とナポリ(280本)に差をつけています。

      保険の様にソリッドな守備と、ユーヴェの前線の選手はファイナルサードで自分を表現するためのライセンスが与えられており、多くのドリブル(419回)を完成させ、どのチームよりも多く、2番目のインテルは353回と差をつけています。そしてゴールへのシュートは、(471vs521)とナポリだけ上回ります。

      驚きもしないが、ビアンコネリ、ナポリ、フィオレンティーナは、ここまでシーズンポゼッションの優位性を争い、ユーヴェの合計13,282回のパス完了数が両者を上回ります。

      中心人物

      一方パウロ・ディバラとポール・ポグバ、両者は個々のランキングでドリブル、クロス、チャンス演出に関し顕著な特色を残しています。前者は得点チャートで同国出身で代表のチームメイトのゴンサロ・イグアインの次に良く、得点機会演出では63チャンスで、ミランのジャコモ・ボナヴェントゥーラと並び、クロスでは166回でトップ5に入ります。

      中盤での創造的な貢献に関しディバラに続き、ポグバはゴールへのシュート、97本でチームトップの数字を残しゴールキーパーを31回試したが、再びナポリのイグアインが上回ります。イグアインは両方のカウントに関して前方へリードしています。

      ポグバの試合での貢献は攻撃だけに限られていません。213回のポゼッションを取り戻したプレーは今シーズン全体でリーグトップ10に彼を置きます。

      しかし、ユーヴェのメイン・パッサーはミッドフィールドの中ではなく、3バックからです。今シーズン白と黒のユニフォームでは誰もおらず、セリエAで4選手だけが上回る、レオナルド・ボヌッチが1,590回のパス成功数を残しています。

      言うまでもないことだが、自分で得たオフは、アッレグリ監督の選手達を待ちます。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK