30.03.2016 10:00 - in: ほかの大会 S

      火曜日の代表戦まとめ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      数人のビアンコネリが試合に参加した火曜日、不安・クアドラードのコロンビアは、エクアドルに勝利、ドイツはイタリアを破り、フランスはロシアに勝利した

      フアン・クアドラードのコロンビアは、火曜日夜にバランキヤでエクアドルに3-1で勝利し、2018年のワールドカップ予選通過へ自身を押し上げた。

      ハーフタイム直後にセバスティアン・ペレスのゴール、カルロス・バッカが得点を挙げミランのストライカーの最後の得点をユーヴェのウィングの魔法使いはセットした。ミチャエル・アロヨの90分ゴールは、エクアドルにとって単なる慰めでしかなかった。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームメンバーが関係するヨーロッパの親善試合を注目すると、金曜日にオランダに対して3-2で勝利したフランスがパリでロシアと戦い4-2で勝利した。エンゴロ・カンテ、アンドレ・ジニャク、ディミトリ・ペイェ、キングズレー・コマンがフランスで得点し、ポール・ポグバとパトリス・エヴラはそれぞれこの勝利した試合で69分と45分出場した。

      一方ミュンヘンでは、サミ・ケディラのドイツが4-1でイタリアを破り、ドイツはトニ・クロース、マリオ・ゲッツェ、ヨナス・ヘクターとメスト・エジルが得点し、アズーリは遅くにステファン・エル・シャーラウィが得点を挙げた。

      シュテファン・リヒトシュタイナーとスイスがチューリヒでボスニア・ヘルツェゴビナに2-0で負け、ローマの2人エディン・ジェコとミラレム・ピャニッチがスコアシートに名前を刻んだ。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK