22.02.2016 15:30 - in: イベント S

      ウンベルト・アニェリ、イタリア・フットボール・ホール・オブ・フェイム入り

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      今日フィレンツェのイタリア・フットボール・ホール・オブ・フェイムにウンベルト・アニェリは殿堂入りしアンドレア・アニェリが敬意を表します

      1955年から1962年のユベントスの会長として、1959年から1961年イタリア・フットボール連盟(FIGC)の会長として、ウンベルト・アニェリは美しい試合における長期に渡る遺産を残したという業績に相応する承認としてイタリア・フットボールの栄誉の殿堂に入ることになりました。そしてFIGCとカルチョ博物館財団により2011年に準備されました。

      「父ウンベルト・アニェリへこの賞の栄誉を与える感謝を委員会へ表明したいです」と、FIGCのカルロ・タヴェキオ会長は切り出しました。そして、ユベントスのアンドレア・アニェリ会長に代わり話しまし、会長はバイエルン・ミュンヘンとのビアンコネリのチャンピオンズ・リーグ対戦前のイベントに関わります。

      「スポーツ企業家、マネージャーと責任者としての長いキャリアからウンベルトは行なった全てで革新と情熱を表しました。私にとって、彼は常に本物のお手本で父です。

      彼の人生はより良い未来へ向け努力する事を私達全員にインスピレーションとして助けになると知り嬉しく、常に彼を通して見える資質の1つである新たな責任感に感謝します。

      今日フットボール界の栄誉の殿堂に入り、特にユベントスにも栄誉を与えた2人の選手、ジャンルカ・ビアリとマルコ・タルデッリを祝福へこの機会を利用します。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK