24.04.2016 23:12 - in: マッチレポート S

    ヴィオラ戦勝利は、ユーヴェを歴史の端に

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリは、日曜日夜のフィオレンティーナ戦に2-1で勝利し5連続スクデット・タイトルの射程距離に自信を置いた

    日曜日の夜にフィオレンティーナに2-1で勝利し、リーグ首位ユベントスは2位ナポリに勝ち点12点差と暫定でつける結果となり、今年のセリエAタイトルへ1つの拍手を与えた。そしてナポのスタディオ・オリンピコでのローマ戦勝利以外結果で、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームが歴史的な5年連続スクデットを賛美することになります。

    ユベントスは、スタディオ・アルテミオ・フランキでの仕事を深く戦う必要がありました。歴史的に厳しい戦いとなる場所で、パウロ・ソウザ監督のヴィオラはビアンコネリへ多く疑問符をフィレンツェでの前半で与えた。フェデリコ・ベルナルデスキとクリスティアン・テージョ両選手がジジ・ブッフォンにセービングを強いた。そしてマリオ・マンジュキッチがポール・ポグバのノックダウンを左足のボレーでスタイリッシュに先制点を挙げた。

    アッレグリ監督の選手たちは、後半のニコラ・カリニッチの素晴らしいゴールとフィオレンティーナの攻撃に抵抗し勝ち越す必要があった。
    しかし、失点のちょうど2分後に、アルバロ・モラタが近距離でゴールにボールを押し込みユーヴェは再びアドバンテージを得ました。

    試合はアディショナルタイムに入り、瞬間はほぼブッフォンの超自然的なポジションを確実とするためにありました。そして、注目に値するカリニッチの2得点目の可能性のPKをブロックし、チームの全ての目線が翌日のローマでのナポリの戦いへ向かわせる重要な勝ち点3とともにトリノに戻ることを確実とした。

    実質、フランキでの容赦ないドラマにもかかわらず、主にミッドフィールドでの対戦があり、チャンスが不足する最初の15分は静かに始まりました。

    しかし間もなく、両チームは最終的にゴールを15分と20分に可能性を作りました。始めにマンジュキッチのパスから挙げたサミ・ケディラがネットを揺らすもオフサイドの判定。そしてベルナルデスキも同様にオフサイドでゴールにならなかった。

    そのシュートからフィオレンティーナは、活気を持ちストライカーが仕掛けるもニアポストでブッフォンはスマートにセーブ、このプレーの後、試合が活気付きパウロ・ディバラのシュートはチプリアン・タタルシャヌのクロスバーの上へ放たれた。

    ユーヴェが全く素晴らしい戦いで前進する前に、ブッフォンはテージョのドライブを再び強くセーブ必要があった。

    サミ・ケディラのクロスからポグバは高い打点でヘディングでマンジュキッチの前に落とすとマンジュキッチは、利き足の左足のボレーでゴール下角へ正確にボールを収めた。このゴールは、マンジュキッチにとってセリエAで10点目となり、ポグバの12度目のアシストとなりポグバにとってファイナルサードで最も実りの多いシーズンの貢献とした。

    ユーヴェはディフェンスで幾つか運に乗っており、フィオレンティーナはハーフタイム前のマルコス・アロンソが至近距離からヘディングでシュートを放ち、簡単に同点に追いつく可能性もあった

    ソウザ監督のチームは、ハーフタイム後もヨシプ・イリチッチの枠を超えるシュートで優位に試合を進め続けます。ちなみにイリチッチは怪我によりマウロ・サラテと交代した。

    この瞬間後、ポグバがキーパーと1対1とし得点のターンが回ってきます。ポグバがシュートを放つもディフェンスのプレスを受けた。

    その時点で本当に端から端までの戦いになり、ブッフォンはカリニッチの角度のあるシュートをサイドネットへ防ぎ、交代で入ったサラテのシィートは枠の外へ防ぎ、ユーヴェのキーパーでキャプテンは最大限に戦った。

    後半の激しい立ち上がり後、最終的に攻撃は嵐の前の静けさのように静まりました。そして81分にカリニッチゴール角へ同点ゴールを挙げた。

    この2分後、スコアは再びさがつきます。モラタが、パトリス・エヴラのディフレクションをシュートし追加点を挙げた。

    花火を上げるには遠いものでした、ブッフォンが今シーズン初めてではない英雄となるパフォーマンスで、カリニッチのPKを左にダイビングしブロックした。

    このPKはを防ぎ、フィオレンティーナのカリニッチのシュートはバーの上へ放たれ、ユーヴェは攻撃を遠ざけた。

    そしてレフェリーのパオロ・タリアヴェントがビアンコネリの歴史を作る寸前の試合の終わりの時間を告げた。

    ユベントス
    ブッフォン, バルツァッリ, ボヌッチ, ルガーニ, リヒトシュタイナー (クアドラード 88), ケディラ, レミナ, ポグバ (アサモア 85), エヴラ, ディバラ (モラタ 70), マンジュキッチ
    未出場控え: ルビーニョ, アウデーロ, アレックス・サンドロ, パドイン, エルナネス, ペレイラ, ザザ
    監督: アッレグリ

    フィオレンティーナ
    タタルシャヌ, アストーリ, ロドリゲス, トモヴィッチ, バデリ (ロンカリア 89), ベルナルデスキ, ボルハ・バレロ, テージョ (マティアス・フェルナンデス 63), アロンソ, カリニッチ, イリチッチ (サラテ 53)
    未出場控え: レッツェリーニ, サタリーノ, コスタ, ブワシュチコフスキ, パスクアル, コネ
    監督: ソウザ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK