01.05.2016 15:09 - in: マッチレポート S

      カルピ戦、チャンピオン勝利の帰還

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      新しく王位に着いたチャンピオンは、ユベントス・スタジアムでカルピと日曜日に戦い勝ち点3を奪い、5連続スクデット・タイトルという歴史的妙技を追いかけます

      ビアンコネリは先週月曜日の歴史的な5年連続スクデットに続き、歓喜のユベントス・スタジアムでのカルピ戦で勝ち点3を得た。

      主にユーヴェがコントロールした前半、エルナネスがペナルティ・エリア端から42分でユベントスで初めてのゴールとなる素晴らしいシュートにより先制点で均衡を破るまで、ファブリツィオ・カストーリ監督の降格危機のチームは、失点を防ぐために堅実に戦っていました。

      カルピはここまで深刻に脅すような多くのプレーでブッフォンとバックラインへ同点に追いつく戦いで勇気を示した。そして、交代へ入ったシモーネ・ザザが80分に追加点を奪うと、、ここまでホーム戦リーグ戦での無失点記録を維持し、セリエAで勝ち点78点を獲得できるところ76点を確実にすることに疑いはほとんどありませんでした。

      2チームが試合の序盤立ち上がりにお互いを判断し、枠内の最初のシュートを放ったのはユベントスでした。そして、ポール・ポグバがバースデーボーイのレオナルド・ボヌッチのスルーパスをとらえて、相手キーパー、ヴィド・ベレツへボレーを放った。

      数分間カルピのファイナルサードで、アルバロ・モラタがニアポストで外れるもアレックス・サンドロのクロスを受け、ユベントスは15分でリードを奪う寸前となった。

      しかし、カルピは彼らが単に数合わせのためトリノに来なかったことを明らかにしました。21分に近距離でジジ・ブッフォンに非常にスマートなセーブをシモーネ・ヴェルディが強い、反撃を示した。

      ピッチ反対側では、ユベントスは攻撃で主導権を取り続けました。右サイドでラファエウ・マルチーニョをファウルに引き入れ、フアン・クアドラードはフリーキックをマリオ・マンジュキッチへ放ち、これはクロスばの上数インチ超えました。

      前半はスコアレスで終了する様に見えていたが、ユーヴェは試合の30分から45分の間で他のどのチームよりも得点し、むしろ素晴らしい形で前線で戦います。

      クワドォー・アサモアはボールをエルナネスへ渡すと、ペナルティエリア端からエルナネスが、一番下の角に確実で低いシュートを放ちベレツからゴールを奪いハーフタイム前にユベントスはリードを奪った。

      セリエA生き残りを賭け勝ち点が必要なカルピは目的を新に後半を開始し、ステ-ファノ・サベッリが枠を外れるもボレーを放った。

      長い期間が重要なシュート無く続いたが、誠実なユベントス・スタジアムのファンがウェーブを行い、チームの34回目のスクデット勝利の栄光への気持ちが表現された。

      カルピが潜在的に同点へユベントスを脅かそうとし、交代で入ったケビン・ラザニアとフィリッポ・ポルカーリのコンビでシュートを放つもわずかに枠を外れた。

      しかし、全ての疑いを越え結果について説明すると、シュテファン・リヒトシュタイナーのクロスから最も高い打点でザザが頭で合わせ重要な2得点目をビアンコネリがあげた。

      アッレグリ監督はチームにスタイリッシュにシーズンを締めくくるよう主張し、この最新の勝利と無失点で絶好調でコッパ・イタリア決勝ミラン戦に参加するのを期待し、トスカーナの戦術家の指示が文字通りに行われています。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK