09.10.2016 09:26 - in: FIFAワールドカップ S

      ワールドカップ予選:それぞれのビアンコネリの運命

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      金曜日と土曜日、シュテファン・リヒトシュタイナーとサミ・ケディラの大きな勝利とミラレム・ピアニッチの敗北、スコアレスドローのマリオ・レミナ

      4人のユベントス選手がそれぞれの代表チームとともに2018年ロシア・ワールドカップへの道へ、金曜日と土曜日にプレーしました。

      この週末、大きな勝利を挙げたのは、スイスのシュテファン・リヒトシュタイナーで、ブタペストでハンガリーと戦い、5ゴールの戦いに勝利した。スコアレスの前半から、試合は後半多くの得点を見ることに。スイスが2度リードしたがハンガリーは20分で2得点を挙げた。

      ヴァレンティン・シュトッカーの劇的な終盤の決勝点は、リヒトシュタイナーのチームを、初戦でポルトガルを破ったのもあり、最大の勝ち点でグループB首位へ導きました。

      そして、土曜日夜のもう一つの戦い、前回世界チャンピオン・ドイツが新たに納得のいくホーム勝利を3-0でチェコ相手に挙げた。
      サミ・ケディラは90分フル出場し、トーマス・ミュラーの2ゴール、トニ・クロースのゴールでドイツはハンブルグを支配した。

      一方マリオ・レミナとガボンは、ロシアへの旅へ安定のスタートを切り、アフリカ予選を勝ち抜くための開幕戦でモロッコと0-0で引き分けた。ケディラと同じくレミナはフル出場を果たしました。

      最後に、ミラレム・ピアニッチとボスニアは、金曜日の試合でベルギーに4-0で敗れブリュッセルから戻りました。エミル・スパヒッチのオウンゴール、エデン・アザール、トビー・アルデルヴァイレルト、ロメル・ルカクのゴールでベルギーが勝利し、ピアニッチは試合終了10分前に交代し試合から離れてた。

      日曜日はマリオ・マンジュキッチのクロアチアが2試合目を木曜日の6-0コソボ戦に続きフィンランドと戦い、イタリアは、ユベントス・スタジアムでのスペインと1-1の引き分けからマケドニアとの対戦へ、ジャンルイジ・ブッフォン、アンドレア・バルツァッリ、レオナルド・ボヌッチがスコピエへ向かいます。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK