05.05.2016 11:20 - in: スポンサー S

    ザザ、ディバラ、バロッコ:思い出をたどる旅

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    シモーネ・ザザ、パウロ・ディバラは、フォッサーノへ向かい公式パートナー、バロッコをゲストにJ-アカデミー系列クラブであるフォッサーノ・カルチョの少年達をチェックした。

    2人のトップクラスのストライカー、パウロ・ディバラとシモーネ・ザザが多くのノスタルジックなストーリーと熱心な子供達でいっぱいのピッチに導かれ、楽しみに満ちた完璧な水曜日の夕方を過ごした。

    公式パートナー、バロッコをゲストに、有望な子供達との生涯で唯一のミーティングを準備し昨日J-アカデミー系列のフォッサーノ・カルチョに導かれたストライカー2人は、子供時代からの、ノスタルジックなストーリーを共有した。

    ハイ5と写真撮影の中、Jtvカメラに追憶したパウロとシモーネの完全に重要な引用は以下の通りです。:

    シモーネ

    「私の子供時代の最高のフットボール記憶は、多分、友人と自宅で遊んだ時のことでしょう。たとえ自分たちが5、6才の時でも全員がボールを追って笑っていました。

    私は最初のゴールを覚えていませんが、子供の時に多くのゴールを奪いました!他の人よりも私は遠くへ、少し早く、力強くシュートを打つことができる長所がありました。

    フットボールでは年齢でありません。プロであることを夢見るどんな子供への私のアドバイスは、ただ試合を楽しみ、全力で戦い、それがどこに導くか見ることです。」

    パウロ

    「シモーネがピッチで楽しむことと言ったようにそれが肝心だと言いたいです。ファースト・チームに入るためにはこの他に考えるべきことがあり、それは全く異なる経験になります。

    私は、今夜、ここにいる少年達のなかに自分自身がいるのを認めます;どんなポジションでもピッチ中でプレーし、笑顔で友人とフットボールを楽しんだという大きな自分の記憶を振り返ります!

    私はフットボール友達と全てをしましたし、多くを気楽に楽しみピッチに結びつきました。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK