21.01.2017 15:30 - in: セリエA S

    アッレグリ監督の目線は勝利の道へ復帰

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、チームがユベントス・スタジアムでの日曜日のラツィオ戦での3つの重要なポイントの追求へ待ちきれないとコメント

    フィオレンティーナ戦後に再び集中する事

    「試合を失ってもチームのクオリティを失いません。冷静さを保ち集中を保つ必要があります。

    常に言ってきていますが、終わるまでタイトル・レースは決して終わりませんし、歴史が示すには、シーズン終わりまでスクデットは、2、3試合を残して決して決まりません。

    重要な事は、シーズンの進行の上で私達が一貫している事です。現在チャンピオンズ・リーグベスト16とコッパ・イタリア準々決勝を戦い、リーグ戦首位で残りの試合を戦います。

    セリエAには当然のことはありません。私達は、それぞれの戦いどこが最高かを示す必要があります。一方今シーズンチャンピオンズ・リーグで勝利したければ、プレーのクオリティも改善しなければいけません。」


    対戦に近づき
     
    「明日、非常に整ったラツィオとの厳しい戦いんなるでしょう。私の経緯は監督であるシモーネ・インザーギ監督へ行きます。彼は大きな仕事をしています。

    しかし私達は挑戦でき、3つの重要なポイントの追求へ戦いたがっています。」


    明日のチーム・ニュース

    「クラウディオ・マルキジオはラツィオ戦休みます。軽い筋肉の張りですが、重大ではありません。水曜日のミラン戦に蓋たいセレクションに戻るでしょう。

    明日私は、4バックを選びます。シュテファン・リヒトシュタイナー、レオナルド・ボヌッチ、ジョルジョ・キエッリーニ、クワドォ・アサモアです。ダニ・アウヴェスはチームに戻ります。彼は完全ではありませんが、アレックス・サンドロの不在から必要です。彼は明日30分プレーする事が出来ました。

    私はまだ中盤の3人とフォワードの3人を判断する必要があり、ミラレム・ピアニッチがどこでプレーするか決める必要があります。エルナネスはバックラインの前のオプションですし、マルコ・プヤカもラインに並んでいます。

    前線では、マリオ・マンジュキッチ、ゴンサロ・イグアイン、パウロ・ディバラ、フアン・クアドラードの誰が先発は争わせます。」


    監督としてセリエA300試合

    「私はこの記録に達成でき嬉しいです。監督のキャリアの始まりから私と働いた全員に感謝したいですし、もちろんユベントスで働く同僚もです。私は明日以降更なる300試合を監督できる事を望みます。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK