07.02.2017 11:30 - in: セリエA S

      #CrotoneJuve: 鍵となる名前と数字

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントスは、水曜日夕方、セリエAで初めてクロトーネと対戦します。カラブリアでの対戦へ知るべき全てはこちらです
      2016年チャンピオン 対 カラブリアの昇格チーム

      ユベントスとクロトーネ、非常に良い2015/16シーズンを両チーム楽しみました。ビアンコネリが歴史を作った5連続スクデットを賛美した数日後、イタリア・カルチョの最上のディビジョンへ昇格したカラブリアでカタンザーロとレッジーナに続く3チーム目となるためにセリエA初昇格を果たした。

      ユベントスが時代を通じてユベントス・スタジアムを恐るべき要塞とした事はほぼ疑いがありません。ホームでのリーグ戦28試合で全て勝利しています。同じ事はスタディオ・エツィオ・スチーダでのクロトーネにも確実に言う事ができます。彼らは2015年2月7日から2016年1月30日間で1年ほとんどの間負けがありませんでした。彼らのファンの前での珍しい敗戦は、ペルージャ戦でチャンピオンのカリアリに対し最終的に昇格はしたものの遅れをとる事となった。

      対照的にセリエAでは、決して同じようにはいきませんでした、最初の10試合で勝ち点2を獲得したが、キエーヴォに2-0でホームで勝利したあと、ペスカーラに2-1、エンポリに4-1で勝利し自信をつけ始めました。

      一方、ここまでのシーズン、ユベントスに弱い部分があるとしたら、唯一今シーズン勝ち点12をアウェイで落としている事で、カラブリアへ確実に勝利しに訪れ納得の最近のパフォーマンスを残す事に熱心になっています。

      以前に対戦した事がある!?

      ここまで、ユベントスとクロトーネは、唯一1シーズンで対戦しています。2006/07シーズンのセリエBでの対戦から予兆はビアンコネリにとって良いものです。このシーズンは、ヴァレリ・ボジノフ2得点とジャン=アラン・ブームソンのゴールでスタディオ・エツィオ・スチーダでの戦いを3-0で勝利した。

      また、この夜もちろんゴールキーパーは、ジャンルイジ・ブッフォンで、ウイングでは現在副会長のパベル・ネドベドがビアンネリでプレーしました。

      一方トリノでの戦いは、前半のネドベドとフェデリコ・バルザレッティの前半のゴールの後、アレッサンドロ・デルピエロのハットトリックで永遠に記憶に残ります。

      注目のメインマン

      彼自身の出場、インテル戦でのフアン・クアドラードの驚きのゴールは「素晴らしい」ものでした。アッレグリ監督が先月フォーメーションを4-2-3-1にした時からクアドラードは、増えた出場機会を楽しんでいるという疑いはありません。

      クアドラードは、昨年偶然にも同じ日のフロジノーネ戦で得点し、ジェノア戦でも決勝点を奪い、多くのゴールの昨年2月を楽しみ2015/16シーズンの2月のMVPを獲得しました。

      彼は確実に今回も昨年と同じような活躍をしたがっており、イタリア・ダービーで抜群に得られた信頼をベースに戦います。

      一方クロトーネは、エンポリとの最後のホームでの戦いでディエゴ・ファルシネリが楽しみました。このストライカーはこの日初めてセリエAでハットトリックを奪いました。

      サッスオーロからクロトーネにレンタルされているファルシネリは今シーズン、チームに8ゴール2アシストの貢献をしています。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK