20.02.2017 17:00 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      #FCPJuve: 鍵となる名前と数字

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      水曜日夜のチャンピオンズ・リーグ前、エスタディオ・ド・ドラゴンでのベスト16ファースト・レグ、ポルト対ユベントスの注目の主要なデータです
      グループ・ステージ物語

      恐らく予想通り、これ以降のアウェイ戦はかなり挑戦的となった。そして、10月のリヨン戦1-0の勝利はピッチ両端でのマジック不足は必要としませんでした。ジャンルイジ・ブッフォンは彼の象徴であるスーパーマンである事を再び証明しました。アレクサンドル・ラカゼットのPKをブロックし、ナビル・フェキルのシュート、アンドレア・バルツァッリを意地悪にそれたコランタン・トリッソの至近距離からのシュートを防ぎ、世界レベルのセーブを挙げた。

      ジジが衝撃的な無失点にしがみつく間、フアン・クアドラードが、角度の無い所から勝ち点3を奪うゴールを奪った。

      ホームでのセビージャ、リヨンとの戦いが続き、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手たちは、首位セビージャを追い抜くために南スペインでの勝利を必要とし、最後に厳しい戦いで勝ち点を求め、ニコラス・パレハに先制点を奪われた。

      マルキジオのPKでハーフタイムにユーヴェを同点に持ち込み、最終的にこの戦いでフランコ・バスケスが退場して10人となったセビージャにレオナルド・ボヌッチの84分の距離のあるゴールで逆転、マリオ・マンジュキッチのアディショナル・タイムの追加点で勝利を確実とした。続く12月のディナモ・ザグレブとのホームでの対戦に勝利しグループHを首位で追加した。

      ポルトは、チャンピオンズ・リーグ、グループ・ステージ進出へローマを8月の2レグ・プレーオフで合計4-1で破ったが、「ドラゴンズ」は、グループG最初の2試合でコペンハーゲンとホームで1-1で引き分け、レスターに1-0で負けてしまいスロースタートを切る事に。

      ブルッヘ戦2勝で、ポルトはペースを掴むと、第5節コペンハーゲン戦スコアレスドローとなるが、最終節レスター戦をエスタディオ・ド・ドラゴンで戦い、5-0でイングランド・チャンピオンでグループG勝者を破り勝ち点3を使いベスト16進出をポルトは果たした。

      国内での戦い

      金曜日のパレルモ戦4-1の勝利は、ユベントスのセリエAホーム29連勝となった。ビアンコネリは、直近3試合で勝利を収め、現在2位ローマと勝ち点7点差としています。一方アッレグリ監督のチーム1月下旬にコッパ・イタリア準決勝でナポリファースト・レグの対戦を2月28日に迎えるためミラノに勝利を挙げました。

      特に喜ばしい事は、ここ数ヶ月と数週間の岩の様に硬いディンフェンスのパフォーマンスでした。2失点と7試合の無失点を直近のセリエA9試合で保ちました。

      ポルトは自分達自身を印象的な形で、金曜日夜にCDトンデラに快適な4-0の勝利を挙げ、6連続リーグ戦勝利をビアンコネリの4-0勝利の進行同じく戦いました。

      ドラゴンズは、ポルトガルのトップリーグで一度負けただけです、大分前の8月28日のスポルティング・リスボン戦だけです。残り12試合でリーグ首位ベンフィカと1点差につけています。

      注目選手

      ゴール前のジャンルイジ・ブッフォンから、トップのゴンサロ・イグアインへ、確実にユベントスがグループH首位として突破資格を得る事を可能にしたのはチーム努力でした。疑う余地なくフィールドの上には試合への勝者がいます。

      言うなら、この2選手は、このプレビューで正当な理由で注目されるべき選手で正当な理由もあります。

      ブッフォンは、2001年のビアンコネリとポルトのチャンピオンズ・リーグでの戦いでプレーした現在のユベントスで唯一のメンバーです。ユーヴェの背番1の注目のセービング・パフォーマンスをここで振り返ります。

      直近のリーグ戦6試合で金曜日のパレルモ位kスアアディショナル・タイムでの1失点があったが、ユベントスのヨーロッパでの戦いでレジェンド・キーパーの96試合出場の戦い、ジジはエスタディオ・ド・ドラゴンでさらなる最高のパフォーマンスを出さないという示唆はありえません。

      フィールドの反対側では、ゴンサロ・イグアインのここ数週間の見出しとなるプレーから明確です。パレルモ戦でのピピータのゴールは、セリエA10試合において、今シーズン12ゴールとなり、全ての戦いで22点目となった。年が明けてからの9ゴールは、2017年のヨーロッパで最も多い得点です。

      ゴンサロは、ユーヴェのチャンピオンズ・リーグ、グループ・ステージで3得点を挙げ、彼は、ノックアウト・ステージでも得点を積み上げることができることをこの形は示しています。

      水曜日の対戦は、UCLの興味をそそる試合の1試合です。最も注目すべきは過去20年の間の2人の最高のゴールキーパーのプレーです。ジャンルイジ・ブッフォンとイケル・カシージャスです。

      カシージャスは、レアル・マドリッドで3回、2000年、2002年、2014年にチャンピオンズ・リーグを優勝し忘れられない16シーズンを過ごした後、2015年にポルトに加わった。2010年のワールドカップ勝者もまた、ヨーロッパでのトップ争いで、166試合と多くの試合出場数があります。

      一方攻撃において、アンドレ・シルヴァは、ポルトのメインゴールゲッターです。21歳は全ての戦い(UCLグループ・ステージ4試合、予選ラウンド)で18ゴールを挙げておりチームのメイン得点者として確立しています。10アシストも記録し、チャンスを作りとゴールを挙げることが十分できる選手です。


      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK