07.01.2017 10:00 - in: セリエA S

      #JuveBologna:鍵となる名前と数字

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      過去の対戦、現在の形、主要選手:ユベントス・スタジアムでの日曜日のボローニャ戦前に知る必要のある全て
      ビアンコネリがボローニャを迎え撃つ時

      39勝25分5敗が、トリノで行われあ69試合での通算成績で、ボローニャとのユーヴェのホームでの戦いは優勢を保ち、ユベントス・スタジアムでの最後の3試合は全てで勝利を収めました。

      ボローニャは昨シーズン、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームとの対戦で2015年10月と2016年2月の間のユーヴェの15連勝を終わらせるスコアレスドローとしたが、ボローニャは、セリエAの他のどのチームよりもビアンコネリとの対戦で多くの失点がありました。

      ボローニャは、ユーヴェとのアウェイでの戦いで得点できたのは2011年9月でユベントス・スタジアムでの初試合でした。ミルコ・ヴチニッチの先制点をダニエレ・ポルタノーヴァが同点とした時です。

      ビアンコネリの最も直近のホームでのボローニャ戦では、15分のアントニー・ムニエのゴール後レアル・マドリッドからサミ・ケディラがユベントスに加わってから初ゴールをアルバロ・モラタとパウロ・ディバラ(PK)の得点後に挙げた。

      記録書からの事実

      ユベントスは、日曜日の戦いを首位として戦い、歴史を作った2016年33勝と勝ち点100から向かいます。

      さらに、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、ユベントス・スタジアムでの勝率100%記録を維持、1月6日のエラス・ヴェローナ戦から2016年12月17日ローマ戦までセリエA全20試合でホーム勝利を収めています。

      リーグ首位は、この日曜日にファンの前でこの素晴らしい形を続けたがっていますし、2015年10月にロベルト・ドナドーニ監督ののチームとの対戦という偶然の一致で始まった走りホームでのセリエA26連勝という新しい全国的な記録をボローニャ戦勝利で作る事になります。

      一方ボローニャは、15位として17試合勝ち点20です。今シーズン開幕5試合で3勝後、12月18日アウェイでのペスカーラ戦3-0の勝利を含む勝を挙げました。

      この勝利は14試合で最初の勝利であり今週末のユベントス・スタジアムでの戦いへ彼らは結果を望んでいます。

      見るべきメイン選手

      今シーズンのユーヴェの得点を引っ張るのは、全ての戦いで13ゴールを挙げ、昨年の終わりと同じ調子で豊かな戦いで2017年を始めようとしているゴンサロ・イグアインです。

      ディナモ・ザグレブ、トリノ(2得点)、ローマ戦での得点で、ピピータはビアンコネリの12月の月間MVPに投票で選ばれ、ボローニャ戦キックオフ前に受賞されます。

      イグアインは、セリエAでのボローニャ戦で3ゴールを過去にあげてもいます。

      ミラレム・ピアニッチも、ローマ時代でのプレーでボローニャ戦で2ゴール3アシストという強い記録を試合出場で誇っています。

      ドナドーニ監督のチームでは、数選手が今シーズンのここまでいくつかの貢献があります。

      ミッドフィールダーのブレリム・ジェマイリは、全ての面で卓越し、14本枠へのシュート、40タックル、相手ハーフで289回のパスを成功させ、左サイドバック、アダム・マシーナとスタッツを共有します。

      23才のマシーナは、ボローニャで最高の数字である全体的へのパス677回とディフェンスブロック8回を記録しています。

      気をつけるべきもう1選手は、ボローニャの創造力の鍵となる左サイド・フォワード、ラディスラフ・クレイチーです。80本のクロスでチームトップに立ち3アシストを記録しています。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK