24.02.2017 17:15 - in: セリエA S

    #JuveEmpoli: 鍵となる名前と数字

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    過去、現在、主役:ユベントス・スタジアムでエンポリとの土曜日夜の戦いへ知るべき必要のある全て
    エンポリ戦を乗り越える

    ユベントスは、エンポリ戦勝利にかなり慣れています。実際ユーヴェは、トリノで直近の6試合を含む10試合で9勝を挙げています。彼らがエンポリ相手に勝ち点を取りこぼした唯一の試合は、1998年11月の0-0の引き分けまで遡ります。

    2000年代半ば、ビアンコネリ選手がエンポリに対して2得点を挙げたことは普通でした。アレッサンドロ・デルピエロとダビド・トレゼゲが2003年8月の5-1の有名な勝利で2得点づつ、2006年1月はファビオ・カンナバーロの2得点もあった。

    トレゼゲは2007年10月に一枚上手を行き、後半の19分間でハットトリックを奪いました。

    ユベントスは、勝利の習慣をユベントス・スタジアムで維持しました。そしてジャンルイジ・ブッフォンはこれまでに、このスタジアムに対し無失点を保ち、2015年4月と2016年4月にマリオ・マンジュキッチの得点も含2-0と1-0の勝利を記録しました。

    フォーム・ブック

    土曜日は、初めに17位のチームを見ます、最近のフォームは対照的な運命を確実に反映します。

    ビアンコネリは、ミッドウィークのポルト戦2-0勝利と、直近のリーグ6試合で勝利しています。エンポリ戦で勝ち点3を奪えば、スタジアムで非常に目覚しい30連勝をセリエAで記録します。

    一方エンポリは、直近4試合で1分3敗で降格圏に近づきますが、18位パレルモに対し8点差としています。

    ジョヴァンニ・マルトゥシエッロ監督のチームは、この期間アウェイでの戦いで幸せから離れています。アウェイ勝利は、11月のペスカーラ戦のみで、直近の12試合で9得点を挙げています。

    エンポリは、先週ホームでのラツィオ戦2-1での敗北で得点を挙げています。
    メイン選手

    ゴンサロ・イグアインは、10月のアウェイでのエンポリ戦で2得点を挙げ、イグアインは、リーグ戦19ゴールという通算得点はエンポリの全得点より4点多く取っています。

    しかし土曜日の対戦相手が慎重になっているのはピピータだけではありません。マリオ・マンジュキッチとパウロ・ディバラは、ユベントスでエンポリ戦でそれぞれ2得点を挙げています。

    一方、エンポリの主な攻撃の脅威は、レヴァン・ムチェドリーゼです。グルジア人フォワードは、チームの5ゴールに5度貢献し、彼らの得点チャート5ゴールでトップです。

    興味深い選手として、今週末3人の選手が元所属クラブとの対戦となっています。ミッドフィールダー、マルセル・ビュッヘルは、ユーヴェのユースアカデミーで育ち、2010/11シーズンに2試合出場、クラウディオ・マルキジオは2007/08、ダニエレ・ルガーニは、2014/15シーズンにエンポリで彼らは最初のセリエAの経験を積みました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK